ココロアンサー

こころあんさー【登録タグ: NexTone管理曲 キョータ(スコアP) 初音ミク

曲紹介


歌詞

(動画より書き起こし)

僕達の願いは簡単に
破り捨てられていたんだ
それが現実 確実
出来レースみたいなもんだろ

10年前
そこには穢れない場所があった
並木道 華の道 歩くほど先が輝いて見えた
ずっと続くと思っていた

周りをずっと気にしてた
そんな毎日のどこが楽しいのかなんて
気づいた時にはすでに遅かった
未完成のままピリオドを迎えそう
10年後

過去の上に立ってまた積み重ねていく
少しでも笑えた日があるからこわくない
真っ白なアンサー 積み上げたロックナンバー
意味のない数字ナンバー 僕らはまた動き出した

蒼い空 真ん中 一人立っていた
漠然と眺めてた
地平線 理想にたどり着けるまで探してた
10年前

歩いて 歩いてはすべてが
溢れ出すほどに満たされていく
立ち塞ぐ声もすべて
聞き流して終わりにしていた

僕らは切り離されてく
束ねた想いも 一点突破 追憶の五線譜
描いた先では泥だらけ
雨は止むことなく傘もささず歩いた
10年後

眠りから覚めたなら
単純な日々におさらば
二度と過去にとらわれず
見渡した現実世界

鼓動高まってくアンサー
口ずさむロックナンバー
心落ち着かせるアンバー
僕らはまた歩き出した

心を枯らしたそんな日には 涙枯れるまで
何も気にせず泣いていいんだよ
揺れ動く気持ちに終止線を
自信もっていいよって 僕は何度も繰り返し言った

背負いきれない理想と
止まる事のない現実
立ち止まるには早くて
無意識に進んでいた

生きてくためのアンサー
未開拓ロックナンバー
ありったけの想い胸に
僕らはまた動き出した


コメント

  • 書き起しでの追加乙です -- 名無しさん (2016-04-26 23:50:35)
名前:
コメント: