恋文よ長く

こいぶみよながく【登録タグ: KAITO きょむ

作詞:きょむ
作曲:きょむ
編曲:きょむ
唄:KAITO

曲紹介

  • 恋愛の歌です。(作者コメより転載)

歌詞

作者ブログより転載)

胸に住みついた君は本当厄介で
何をしていてもよぎるのは君のことで

叶わないようなことに
手を出さない主義
そうやって負け知らずの
自分を誇ってた

そんな僕を見て君はまるで
見透かすように笑った

ちょっと待って振り向かないでって
待って見ないでね
ひょっとして落ちていきそうになる
僕を見て笑ってる

あれからどれだけ経った
君の好きなところより
嫌いなところばかりが目について

それでも美味しいものを食べるたび
浮かぶ顔は憎いくらいにいつも君で
負けました
ごめん

ちょっと待って振り向いてよねって
そっぽ向かないで
でももしもっと嫌いなところを
知ったならどうすればいい

僕と君の好きと嫌いが
透き通る頃
綺麗だね

だって勝手
誰も恋して
もっともっとねだり出す
一体どれだけ満たせば
ひとりを感じなくなるか
やっとだった
気づきだしたよ
ずっとやっぱひとりだね
きっと君にも感じてた
同じこのひとりの涙を

コメント

名前:
コメント: