たなばたかぐや

【登録タグ: 初音ミク 犬丸芝居小屋

作詞:犬丸芝居小屋
作曲:犬丸芝居小屋
編曲:犬丸芝居小屋
唄:初音ミク

曲紹介

  • 犬丸芝居小屋の13作目。
  • 七夕とかぐや姫のうた!

歌詞

作者サイトより転載)

月に生まれ
地に落とされ
今日も今日とて夜空見上げる
羽はちぎれ
花は散って
今日も今日とて腕を伸ばして

星の河を隔てた、彼方へ届け

彼方宛の文を書きました
紙飛行機なら届きますか
空に向かって飛ばした文は
地上の天の川に落ちました

星に憧れ
妬み買われ
今日も今日とて夜空恋焦がれ
毒を吐かれ
兎は逃げて
今日も今日とて膝を抱えて

星の河を隔てた場所に私はいません

彼方宛の歌を歌いました
汚れた声でも聞こえますか
風に乗って流れた歌は
雨が刺さって届きやしません

物語のあのお姫様は
最後に迎えが来ましたが
私が帰路を望んでも
物語のようにいきません

彼方のことを思い出しました
可笑しいですね、顔が見えません
彼方の名前を叫びました
今日も今日とて月が綺麗で


コメント

  • おおッ‼️ -- 名無しさん (2016-07-11 13:45:46)
  • すごくいいと思ふ -- 名無しさん (2016-07-13 20:20:11)
  • ふじちー好きなのになあ…悲しい -- 名無しさん (2016-09-02 15:57:36)
名前:
コメント: