多構造三十二面体

たこうぞうさんじゅうにめんたい【登録タグ: Bneko 初音ミク

作詞:Bneko
作曲:
編曲:
唄:初音ミク

曲紹介

無機質な感じです。

歌詞

piaproより転載)

一人掛けで座るダイニングチェアーの脚の擦り傷が
モニター越しの笑顔の幕間を こちら側に引き込んだ
パパとママとパパのおしゃべりは 午前二時の隙間まで
ガラス越しの言葉の破片が 地面に散らばってゆく

誰も彼もいない街で
キミとボクと私がいて
どれが本当の私だったか わからなくなってく

ぶらり歩く夜の教会で 咲いた白のフリージア
鏡越しの水面に花弁が 赤く降り積もってゆく
キミとボクと私でおしゃべり 午前四時の彼方まで
一人横で笑う黒猫と 踊り明かそう

ひらひらり ひらひらりと踊る 多構造な愛の呪文を
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の箱に 鍵かけて閉じ込めてみた
くるくるり くるくるりと廻る 多面体の自我境界が
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の意味を取り違え スピンしてゆく
叩き潰して壊して
ほら ハッピーエンドね


舞台小屋で遊ぶ人形は 今日もずっとご機嫌で
当たり障りの消えた言葉を 不躾に投げかけてく
パパとママとパパのおしゃべりは 偉い人の先導で
舞台袖で微笑むピエロに 手を振り返そう

ひらひらり ひらひらりと踊る 多構造な愛の喜劇を
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の箱に 鍵かけて押し込んでみた
くるくるり くるくるりと惑う 多面体の自己認識が
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の嘘を取り違え 崩れ落ちてく

終わりがないなら
始まりもなくて そう
これで全部お終いだよ

ひらひらり ひらひらりと踊る 多構造な愛の呪文を
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の箱に 鍵かけて閉じ込めてみた
くるくるり くるくるりと廻る 多面体の自我境界が
『好き⇔嫌い』『好き⇔嫌い』の意味を取り違え スピンしてゆく
叩き潰して壊して
ほら ハッピーエンドね

コメント

名前:
コメント: