九夏。アイサビ

きゅうかあいさび【登録タグ: キョータ(スコアP) 初音ミク

作詞:キョータ(スコアP)
作曲:キョータ(スコアP)
編曲:tatsuo
唄:初音ミク

曲紹介

  • ギターをtatsuo氏が担当。

歌詞

(動画より書き起こし)

通りなれてる駅からの帰り道、
近くにあった君は花屋で足を止める。
今まで気にもならなかった場所だけれども
君は、一つ一つに夢中になっていた。
そのたび気づかされる事も多かったんだ。

ねぇ、君にまだ伝えたい事がある。
もうすぐで離れ離れになる事。
この街から出る事になったんだ。
言えなくてどんな言葉も君に届く前に
消えてなくなってく気がした。

時計の針を戻しても、効果はなくて
見慣れたはずの君の姿も遠くに感じた。
嘘ついて自分を試しても、突き刺さる秒針は止まらない。
言葉に詰まりながらも不自然さを隠すために必死だったんだ。

素直になれない僕に君は明るく
ふるまってくれるけど、どこか悲しげだったね。
思い返したら二人は出会った場所はここ花屋だった。
もしかして気づいてたのかな。水無月

初めて出会った時に、二人手を重ねた
花にもう一度手を伸ばしていた君と
過去の記憶が重なっていた。

ほとばしる水のように今この時、流されてく。
僕は君の手を取って二度とないこの時を噛み締めていた。
君は笑顔で「大丈夫だよ、頑張ろうね」って
その目には涙がこぼれていた。夏の日


コメント

名前:
コメント: