警告

けいこく【登録タグ: GUMI MSR

作詞:msr
作曲:msr
編曲:msr
唄:GUMI

曲紹介

プライドが高すぎると良くない事もありますよね。
そんなプライドが高い自分への警告。
  • msr氏の18作目。
  • Illust & movie : 原
  • Guitar : 奥田よういち(fr.アシタカラー)

歌詞

Piaproより転載)

どこに向かって走ってるの
誰に向かって語ってるの
理想ばかりを並べて
さも未来が明るいと思っている

尊敬を浴びたくて
難解なパズルのよう
振舞っては自分でもいったい
何が言いたいかわからない

あの日見ていた空はただ
青く青く澄んでいて
その青さに触れてたくて
始めた事だった

憧れをただ求めてた
あの日純粋な目の君は
いつからだろう道順ばかり
こだわっては今日もまた
何もできないまま

すごいでしょって見せつけた
恥じるべき浅はかさ
取り返せないものは
だだこねてこねまわしても無理だ

少年は影を見て
後ろの太陽を知る
遠回りの道も
無駄にならない事は知ってるけど

朝焼けはただこの汚れを
赤く赤く染め上げて
浮き上がるものすくい上げて
一から汚していく

明日になれば変わるのかな
淡く淡く願っていた
その思いも虚しいくらい
いつもの朝だった
特別なんてない

手を替え品を替えても
細工は出来が悪いまま
でも捨てるにはまだ早いって
気づいて

頭を悩ませているのは
何ですか何ですかって問う
手を加えても見方を変えても
納得できない

自分の事がわからなくて
他人に定義させてきた
結末を語る勇気がまだ
足りない足りない

何十年もこの先
生きてく為の道標を
示した人と従う人を
演じ続けなくちゃ
それが近道かな

ありえないありえるを
ぶつけ合いしたとしても
結局は簡単な
よくある言葉で閉じられる
いたって単純なのだ
移り変わるとて同じ
ほぐして受け入れやすく準備せよ

コメント

名前:
コメント: