希望のテラリウム

きぼうのてらりうむ【登録タグ: たかくん 鏡音レン

作詞:たかくん
作曲:たかくん
編曲:たかくん
唄:鏡音レン

曲紹介


歌詞

(動画説明文より転載)

記憶の砂をガラスに閉じ込め、砂時計をつくろう
もし砂がすべて落ちてしまっても繰り返せばいい
夏がきて秋がきて冬がきた
ずっと僕の時間は進まない
でもだんだんと擦り切れ霞む記憶
虚しくてガラスを叩き割る
さらさらと零れる記憶の砂
冬が溶けて春の陽が空から零れておちる
いくつもの陽だまりをつくりだす
春の陽と涙が重なり、芽吹く新芽
ガラスで包み込んだ
今度は壊さずに見守る
花が咲く そのときまで守るよ
そっと囁く声がきこえた 
「否定され傷つけられる世界で生きられるか?」
僕は叫ぶ
「もしも悲しみが自分におとずれてもいいんだ。悲しみがあるから感じられるものがあるから」

コメント

名前:
コメント: