スモーク

すもーく【登録タグ: GUMI 宮下遊

作詞:宮下遊
作曲:宮下遊
編曲:宮下遊
唄:GUMI

曲紹介

この街は煙に消えてゆく

歌詞


行き先霞む 水は戻らない
願いを耐えて見つめて苦しんだ
黒い花は煙に溺れた
この身体()は 
あなたのものですか?

煤けた排水溝に 
喧騒は呑まれてく
波の声の一つが 
君の事を追いかけてた
雨降り色は褪せて 
煙が病を(おこ)
揺れ動く腕を 
誰も透せないから

「泣けないね」もうすぐ会えるから
この街は煙に消えてゆく
欠片は湖に沈んだ
未来は 
わたしにありますか?

見慣れた街路樹には 
さざめきが足りなくて
それでも石畳を 
また一枚埋めていった
繋いだはずの笑みは 
するりと足下に消える
息が止まるまでは 
誰も逆らえないから

それでも
「もうじき」僕らは終わるけど
「約束だね」名前は忘れよう
離れて黒種草を浮かべた
明日も 
雨は()まないから
だからきっとすぐに会えるよね (流れてく)
(かじか)んだ季節に 寄り添った (止まらない)
やがては湖に沈んだ (夢の中)
孤独な 
あなたの処へと
未来は 
わたしにありますか?


コメント

  • 独特の雰囲気がとても好きです!!おどろおどろしい感じがたまらない!! -- 明香 (2016-11-09 20:59:33)
  • この雰囲気大好きです‼︎世界観がすごくいいです! -- 玲 (2016-12-29 21:32:41)
  • 曲調が好きすぎる…中世のイギリスなイメージ。 -- 紫遠 (2017-01-07 19:14:47)
名前:
コメント: