計画停電の夜に

けいかくていでんのよるに【登録タグ: 初音ミク 平田義久

作詞:平田義久
作曲:平田義久
編曲:平田義久
唄:初音ミク

曲紹介

  • 平田義久氏 の14作目。
  • 美術 ヨシヲ、意匠 北村英理

歌詞

piaproより転載)


夜が街をおかしてゆく瞬間
キミは急にだまって、静寂
『計画停電の夜に』
いつもはみえない星座をみた
キミの想像ラジオがアタマにながれて
“サヨナラだけが人生だ”っていう
バイクとばしてヤビツ峠まで
マイクとってうたってよフック

空から星が舞い降りてきて
ふたりのあいだまた照らしたら
いいかけてたコトバ聞かせてよ
この計画停電の夜に

送電線突っ立ってる――。
「ここでキスしてよ。バレないの、今夜だけは」
魔法にかかったような甘い時間
たがいにさスローモーな感覚
いつまでも朝なんかこなけりゃいい
なんておもうすみっこで
あのときボクらが生きて、
誰かが死んだのいまでも考えてるの

あのネオンやコマーシャルが消え
すべての街の光がおちたら
いますぐキミのもとへとんでゆく
ひとびとが祈りをささげるこの空から星が舞い降りてきて!
ふたりのあいだいま照らしたら
いいかけてたコトバ聞かせてよ
この計画停電の夜に

コメント

名前:
コメント: