耕す人々

たがやすひとびと【登録タグ: クロワッサンシカゴ 初音ミク

曲紹介

世紀末のこの日くらいはさ
  • クロワッサンシカゴ氏 のボカロオリジナル40作目。
  • 詳しい曲紹介についてはブログにて。
  • イラストは自らが手掛ける。

歌詞

「働け働け、耕す人々よ。きみたちはわたしの奴隷なの。
 働け働け、耕す人々よ。逃げたら土に埋めてしまうから。」

『預言者が書いた手紙がさ。わたし達にも届いたから。
 世紀末のこの日くらいはさ、あなたに逆らってショーパブで最後の酒盛さ。』

「働け働け、耕す人々よ。汗水を拭っている暇はない。
 働け働け、耕す人々よ。きみたちはわたしの奴隷なのだよ。」

『預言者が書いた手紙がさ、わたし達にも届いたから。
 世紀末のこの日くらいはさ、あなたに逆らってショーパブで最後の酒盛さ。』
『箒も桑も投げ捨てたから、わたし達はもう自由だから。
 予言の通り世界が終わるなら、わたしはそうでなくてもショーパブで最後の酒盛さ。』

「働け働け、耕す人々よ。あいつのようになりたくなければ。」

コメント

名前:
コメント: