夢風消光

むふうしょうこう【登録タグ: いのし課長P 焔夏冬雪 鏡音リン 鏡音レン

作詞:焔夏冬雪
作曲:いのし課長P
編曲:いのし課長P
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • 幻想的なゆったり民族調曲。
  • すべては、
    『夢』と『風』に『消』えてしまった『光』。(作詞者コメ転載)

歌詞

一粒。
また、ひとつ。。
何処へ消える
零れ落ちる涙。。。
歓喜か、
それとも…?
やっとのことで
辿り着いた先は
マボロシだった

触れることさえも
許されはしない
期待してた
思いはやがて
夢と風に消えた
言えない言葉
どうか
幸せになって

時を重ね
まだ変わらない
置き去りにされた
恋心
届かないまま
向かう先は()
想いは
ひとつでも

まぼろし
見ていたの
叫ぶ声は
弾かれてしまった
今更
会えない
一瞬の事
奇跡の行方など
存在せず

強がりで隠し
恋文を綴り
こころ
見透かされることなく
立ち去って気が付く
残る後悔
遅い
このまま過ぎて

ときの流れ
駆け抜けていく
次第に押されて
気が付けば
ひとり信じて
そっと待ち続け
虚しさ
溢れ出た

これもひとつの
運命(さだめ)
蝶々結びの赤糸()
塵となって
きえた



コメント

名前:
コメント: