オルティスの花

おるてぃすのはな【登録タグ: IA grief art 佐倉 憂
作詞:grief art
作曲:grief art
編曲:grief art
唄:IA

曲紹介

ナナカマドの花言葉は「私はあなたを見守る」「賢明」「私と一緒にいれば安心」。
全てを投げ打って齎す救済は、彼女にとって「賢明」な選択だっただろうか。

歌詞

(動画より転載)

混沌に満たされた世界。
此処で暮らす人々は、魔物の脅威に怯えていた。
託宣を受けたのは、黒き刃を携える剣士の少女ライア。
全てを投げ打って齎す救済は、彼女にとって賢明な選択だっただろうか。
彼女自身にも、その答えは出せないだろう。

私は思う。これから過ごすはずだった大切な人との時間は、
きっとなにものにも代えられないのだろうと。

私は手を伸ばす。自らの時間を捧げてこの世界を救う為に。
私は残酷だ。世界を救う為に、最も大切な人を不幸にしてしまうのだから。
私は消える。この世界を救うために。

人が見届ける程度の時間じゃ
世界を救える術は見つからない

既に失われた千年の記憶
一からすべてをやり直して進める
この徒爾(とじ)の旅

忘れ去られた頃に砕かれる弥縫策(びほうさく)
馬鹿らしい幸運だ
救世主の選んだ代償は───

さあ 此処で生きる時間を捧げて
君の過ごす未来守る
幾つもの犠牲に想いを乗せて
立ち止まらず進む

さあ 此処が私の終着点
この黒い刃掲げよう
悠久の戦いへ手を伸ばし
刹那を舞う オルティスの花

ようやくここまで来た。この国の平和は目の前だ。

人が言い伝える程度の記録じゃ
世界を変えられる術は探せない

忘れ去られるだろう 此の世から消えた私
秩序の糸できつく(かが)った縫い目に誰も触れさせない

華麗に舞え 刃振るえ 「負け」は許されない
「君」が居なくても戦い続ける
「君」が守れれば、それで構わない。

さあ此処で倒れるまで戦って
君が生きる世界守る
一つだけの愛に願いを乗せて
振り返らず進む

さあ 此処が私の終着点
この黒い刃掲げよう
悠久の戦いはまだ終わらない

+ 

傷だらけになっても 身体が抉られても
死ぬことさえ許されない
次の『救世主(メサイア)』現れるまで

華麗に舞え 刃振るえ 「君」だけの為に
私がただ守りたいのは 生涯一人だけ。
その為だけに、私は救世主になる。

さあ 此処で生きる時間を捧げて
君の過ごす未来守る
いくつもの覚悟に想いを乗せて
立ち止まらず進む

嗚呼 戦いで狂気に堕ちても
君の事だけは忘れない
帰るべき場所があると信じて
刹那に咲かせ オルティスの花

千年という時間を捧げて、私はまたここに舞い降りる事になる。
行く場所のない私は、果たして孤独に耐えられるだろうか。
───もう、君の顔も思い出せない。

気が付くと、懐かしいという感情さえ消え失せたこの世界に立っていた。
嗚呼、使命は終わったのか。
永い時を経て今尚姿を変えないこの地に立ち、私は未だ生きていた。
ふと下を見ると、足元に文字の掠れた手紙が落ちていた。
宛名はなく、いつ誰が書いたものかも判らなかった。

『───親愛なる友へ。』

それが、この手紙の書き出しだった。

コメント

名前:
コメント: