うたうもの

【登録タグ: KAITO アサイチ

作詞:アサイチ
作曲:アサイチ
編曲:アサイチ
唄:KAITO

曲紹介

1/nの二次元フォルム
  • うちの兄さんが二人揃ったので、一緒に「VOCALOID」の歌を歌ってもらいました。
    兄さん誕生日おめでとう!(作者コメより転載)

歌詞

個人HPより転載)

「一人」それか「一体」 呼ぶとするならどちらが良いかな
誰も気に留めないと? ならば例え話で進めましょうか

ほらご覧 馬鹿な顔した何も芸のない歌うだけのもの
誰も立ち止まらない さあさ一人劇を始めましょう

泣いたふりでも涙なく笑いを誘うのさ
怒るふりでも心動かせずにただただ自ら恥を晒すのさ
ねえ?
大層な演説も子どもの絵本も語れば全ては同化消化され
例えば100の僕がいたとしても100分の1は見分けない
観客はきっとそう言うさ


「一人」それか「一体」と個々を分けて印しているのに
誰も理解できないと誤解してるのは君の方で

ほらご覧 憂い顔した一つ芸のある歌うだけのもの
「誰も見向きはしない」とその声は遠く響いてる

心の中で涙流す 何もないふりで
怒り笑った心の奥でただただ自ら歌声届けたんだ
ねえ、
楽しいことでも切ないことでも語れば全ては形に残って
例えば1,000の辛い出来事でも1,000分の1は違うだろう?


もし嫌いになっても触れなくってもここにいるんだと僕らは叫ぶよ
例え100,000,000の人敵に回しても僕は僕としていたいから
(もしいつか歌えなくなっても僕らは叫ぶよ
どこか誰かの心に響くまで)

そうさ
たった一人いる「歌うもの」

コメント

名前:
コメント: