猛独が襲う

もうどくがおそう【登録タグ: 一二三 初音ミク

作詞:一二三
作曲:一二三
サポートギター:じゅみ
唄:初音ミク

曲紹介

切れた縁の端に目を伏せたの。 -(投稿者コメントより)
  • Illustration:休符 

歌詞

(動画より書き起こし)

適当に生きても息は続く
誰かに寄り掛かり生きている
支えが消えても息が続く
次の拠り所に身を寄せる

使い捨てじみた繋がりとか
その場限りの関係だとか
何かが違うと嘆いてみて
何も分からずにいるんだって

誰が何と言ったって
僕はずっとこんなんで
切れた縁の端に
目を伏せたの

寂しがって泣いたって
誰も知らないんだって
また 猛独が襲う

誰かの気持ちを無碍にしては
誰かに縋りながら生きている
その度とぐろを巻く罰がさ
胸を締め付けて牙を立てる

気が付かぬ間に「独」が回る
心だけ気づいて寂しがる
痺れるような苦しみの中で
「一人」の無力に沈んだんだ

誰に何と言ったって
もう戻れないんだって
「面倒だ」なんて
手放したことさえ

たとえ何度泣いたって
届きはしないんだって
心にヒビが走る

壊れぬように
壊さぬように
未熟な手で守ってたのにね

些細な感情で
力んじゃったりして
握りつぶしていたんだろう

膝を抱いて泣いたって
変わりはしないんだって
静かな部屋に響く
嗚咽さえも

夜が飲み込んだって
月が照らしたって
消えない 消えない
消えない 事実だけ見て

癒えない 言えない
隠していた声を 僕を

猛独が襲う




コメント

  • 大好きです!、 -- 名無しさん (2017-06-25 22:17:25)
名前:
コメント: