イツノマニカ

いつのまにか【登録タグ: さみっしゅ 鏡音リン
作詞:さみっしゅ
作曲:さみっしゅ
編曲:さみっしゅ
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 大人になりたくない大人が大人の世界を覗いてしまったんです。

歌詞


今は遠く 届かない
黄金色の あの場所は
泥にまみれ 汗を流し
辿り着いた 聖なる場所

眩しくて 見てられない  
茜色の あの空は
色褪せずに 嘘つきの
私の事 慰める

らんららん
て口ずさむ

らんららん
踊りながら

らんららん
下手くそでも
忘れる為

いつの間にか汚れていた
大きな人になったらしい
その目で見てきた景色の中に
まだ少しは望みはありますか?

黄金色に見えた世界
上辺だけの華やかさに
この目で見てきた現実の色
嘘吐きこそ正しい事を知る

今も遠く 届かない
黄金色のあの場所は
泥まみれの 嘘吐きが
作り上げた 正義の城

らんららん
音を立てて

らんららん
崩れていく

らんららん
それでもまだ歌を唄う

枯れた声で何を叫ぶ
何も何も変えれないのに
この手は何かを救える程の
力は持たされてはいないから

そして遂に心も死んだ
嘘と嘘で重ねた信頼
この手は何かを掴み取る為
そして いつでも棄てられる為にある

壊れた理想と
忘れた夢
1人の今
この手に

掴めた物だけ
閉じ込めてて
それが1つだけでも

美し過ぎたね
黄金の城
見てるだけで終われば

このまま1人で
見上げたまま
茜色の街並み

明日もしも晴れたならば
少し洒落たカフェに行こう
そこで甘いラテを頼み笑う

いつの間にか汚れていた
大きな人になったらしい
その目で見てきた景色の中に
まだ少しは望みはありますか?

黄金色に見えた世界
上辺だけの華やかさに
この目で見てきた現実の色
嘘吐きこそ正しい事を知る



コメント

名前:
コメント: