死ぬにはいい日だった

しぬにはいいひだった【登録タグ: ピコン 初音ミク

作詞:ピコン
作曲:ピコン
編曲:ピコン
唄:初音ミク

曲紹介

  • ピコンです。ちゃんとメシ食ってますか。
  • ニコニコ動画のコメントで「8」と打つと「♒」と表示されます

歌詞

ブロマガより転載)

夏のさ花が咲いて嫌になって日和ってた
誰かの目のことや日々のこと気にしてた

だらだら生きてた 冷めてた眼差し
思い出だけある街並みを踏みつけてた

涙が零れたあなたに触れて
さよなら忘れて突き刺さる惨めなまま 

掠れた息を吐いて惰性だって思ってた
枯れてた街の中、蝉騒が鳴り響いた

瞳に花びら咲いてた気がした
何にもなれない夏の中夢見てたんだ

誰かと比べたくだらぬ夏に
惨めで何もない僕が居て蹲っていた

苦しくなる度にさ明日がただ遠くなる
死ぬにはいい日だった冷めないままただ

水面に花火ら落ちていく夢
あなたと見てたら覚めていく

涙が零れたあなたに触れて
さよなら忘れて生きていたい惨めなまま



コメント

名前:
コメント: