よるをおよぐ


作詞:西島ソーンダイク
作曲:西島ソーンダイク
唄:初音ミク

曲紹介



歌詞

(作者配布zipより転載)

1番

<Aメロ1>
未解決のQを重ねて寝静まった計画都市(はこにわ)
未完成な今日にサヨナラ するりベッドは夢の中
午前0時藍の窓際 積もるシープも眠られない
5,000ページ愛を並べた紙とペンなら捨ててきた

<Aメロ2>
宇宙観に哀を重ねて愁いあった語り屋
過干渉な輩はまとめて月の背後に埋めてきた
無抵抗な醜聞(ショー)を訊くほど悪い冗談は蚊帳の外
自尊心を保護(キープ)するだけ
眠っていたいだけ

<1サビ>
One Sailing Night!
よるをおよぐ なみだとける こころおよぐ
どこまでも続く航路(みち)を流れては遥かな異国(まち)へ
One Starry Night!
宇宙(そら)を泳ぐ ぼくらだけの素敵な時間(うそ)
少しだけ切なくなる音楽が鳴り了(お)わるまで
<間奏>

2番

<Aメロ>
不採算なKを重ねて疲れきった人生設計(はこにわ)
四畳半に命(めい)を捧げて明日を待っても明けぬ夜
無抵抗な衆を知るほど積もるトークは上の空
犠牲心を布石(フェイク)するだけ
眠ってたいだけ

<2サビ>
One Sailing Night!
よるをおよぐ なみにゆれる こころとける
果てしなく巡る四季を
流れては遥かな異国(まち)へ

One Starry Night!
つらくなるの やさしすぎるあなたの理由(うそ)
あかねさす光の中音楽が鳴り畢(お)わるまで

幻想(よる)が焉わるまで


コメント

  • すき もっと伸びるべき -- 名無しさん (2018-06-12 17:57:04)
名前:
コメント: