雨上がりのカルプサイド

あめあがりのかるぷさいど【登録タグ: 初音ミク 初音ミクオ 尻切れ/アリアP

作詞:尻切れ/アリアP
作曲:尻切れ/アリアP
編曲:尻切れ/アリアP
唄:初音ミク・初音ミクオ

曲紹介

今日も死ぬかわりにうたっている

歌詞

まだ、降り続く雨に痛んだ傷痕なぞり遊び
溜息がくゆるくちに舐めていた飴玉慣れた味覚

ねえいつ終わるの、夢なら蝶は目覚めた、春
かろく飛んで舞いたつ翅に揺れた

しがみつく生をほどき、ひらり
獄底へ堕つ

溢れだす赤は何を変えてくれるだろう
滲んだ視界の先、ついえた明日の影

切り取るいのちの散花、ひとひらを乞いて
然様なら流れていく雨音と

まだ、涙の理由さえ知らずに疵つく硝子の片
咲かずとも花は朽ちてむせついた死臭を肌に刺して

ねえいつ終わるの、夢なら蝶は目覚めた、春
かすめとられ舞い散る翅にふれた

這いずった生のにおい、くらり
天を仰げば、

青すぎる空は誰を抱いてくれるだろう
見上げた視線の先、雲うつる昨の影

崩折るるいのちの散花、ひとひらの声は
小夜にはけぶりたつ雨に消え

白霞む雨はやがて秘密をなぞって

溢れだす赤は何も変えられないけれど
滲んだ視界の先、ついえた明日の影

切り取るいのちの散花、ひとひらを乞いて
さようなら流れていく雨音と


コメント

名前:
コメント: