セイテイノア

せいていのあ【登録タグ:*Luna びび 鏡音リン
作詞:*Luna
作曲:*Luna
編曲:*Luna
唄:鏡音リン

曲紹介

「ほら柵なんて、案外脆いもんだろう」
  • *Luna氏による前向きになれるリンちゃんロック。
  • 題名のもとになった「井底之蛙」は、「井の中の蛙大海を知らず」と同じ意味。
  • もともと氏の1枚目のアルバム『ここだけの話』に収録されていた曲をアレンジしたもの。
  • このバージョンは6枚目のアルバム『COLOR*FULL』に、MEIKOによるボーカルで収録されている。

歌詞

(歌詞カードより転載)

いつもと変わらないような日々が
幸せだと教科書にも書いてある
「とても満たされています」と僕は
一体誰に語り続けてるんだろう

当たり前のように溢れている
「常識」だと信じられたものでさえ
国境を走って飛び越えてみれば
内容も笑って飛躍しているんだ

今歩いてる頑丈な階段は
誰かが勝手に作ってる物なんだ
自分で手に泥を塗ってみてさ
作っていかないと何処に向かうか

わかんないよ
世界の中心に立って 自分の目で
確かめれば きっとすぐに 気付くんだ
柵がついてるんだって 世界が小さいんだって
僕らはまだ一歩も外に出てないんだって

周りの人間の思ってることなんか
全くわかんないのに気にしてる
「とても空気読んでいます」と僕は
ずっと自分に語り続けてるんだろう

僕らは自由に泳ぎ回ってる
そんな思い込みも甚だしくて
ただの水槽だと気付いてるなら
頭をぶつけてヒビでも入れればいい

目の前に突き付けられたことだけが
真実だなんて誰が言ったんだ
自分の手で視線を遮ってさ
どんなに目を凝らして見ても少しも

見えてないよ
世界の中心に立って 自分の目で
探し出すんだ きっとほら 見えたはず
柵がついてるしても ちゃんと隙間があんだよ
汗だくになってそこまで全力で走らないか

最近息苦しいと思わないかい
新しい酸素を吸ってみたくないかい
井戸の底にいる蛙のように
見える空だけ信じても意味ないよ
少しは勇気は出るかい
「退屈」という幸せは置いていけよ
自分のその手で答えを

掴むんだ
自分が中心になって 生きようか
世界を見渡して もう 分かるはず
僕ら人間ってのは そういう生き物だろ
もう足掻いて足搔いて大人の事情なんか
無視して ほら柵なんて 案外脆いもんだろ


コメント

名前:
コメント: