秋探し

あきさがし【登録タグ: テ黄ストP 神威がくぽ

作詞:テ黄ストP
作曲:テ黄ストP
編曲:テ黄ストP
唄:神威がくぽ

歌詞

暮れの音に 少しずつ
消えてゆく 鳥の歌
ひとしきり 泣いた空は
頬も 赤く
手を引かれ 帰る子の
足跡は 小さくて
影法師 消える頃は
あぁ 日が落ち
手のひらで舞う 白い粉雪
触れればすぐに 消えてゆく
指折り数え 指もかじかみ
暦も終わりを告げる

鈴の音に 踊る靴は
誘われて 祭り歌
針は 止まり
身を包む 涼しさや
冬の景色 垣間見え
そんな夜を 数える頃
あぁ 日が起き
赤く色づく 葉も少しだけ
耳を澄ませば 冬の足音
風の音色に 身を揺らしては
舞い上がり 秋を泳ぐ

手のひらで舞う 白い粉雪
触れればすぐに 消えてゆく
指折り数え 指もかじかみ
暦も終わりを告げる
歌声の後 静寂の中
雪が降る頃 誰もがみな
時計を戻し 今年へ帰り
まだ見ぬ春へ流れる

コメント

名前:
コメント: