八咫烏

やたがらす【登録タグ: 神威がくぽ

作詞:Lkebreth
作曲:Lkebreth
編曲:Lkebreth
唄:神威がくぽ

歌詞

風の音色 草木揺らし
聞こえるのは 川の流れ
現れるは 雲の隙間
僅かに見る 月の光

荒れ果てた 道進めば
静寂が 辺り包み
辿り着くは 朽ちた村
鬼が人を 嬲り殺す

眼に映る 地獄絵図
狂気の宴を この手で穿つ

深い闇を 飲み込み
今宵もまた 闘う
我に宿る 修羅の顔
月の白さ 血に染めて

吹き荒ぶ 冷たい風
雲は消えて 煌く星
月夜の下 道無き道
積み重なる 己の業

其の眼で見る 血染めの袖
胸の疼き 己に問う
心の闇 切り裂いて
行く所は 遥か彼方

羽広げ 飛翔する
腐った大地を この手で照らす

深い闇を 飲み込む
澄み切った 魂
天を仰ぐ 八咫烏
永久に燃える 太陽

コメント

名前:
コメント: