戦国恋歌

せんごくれんか【登録タグ: KAITO 鏡音リン 零崎P

作詞:零崎P
作曲:零崎P
編曲:零崎P
唄:KAITO・鏡音リン

歌詞

いざ尋常に
恋のお相手
つかまつります

主君のためにと 剣をふるい
心はいらぬと 決めたはず
あなたの目などを 見なければ
恋を知らずに 済んだものを

護りを許すは 我が身にあらず
我が誇り 汚せしときは
そっ首刎ねてさしあげよう

いかなる敵も 怯みはせぬ
気高き魂 捧げましょう
死して果てども 悔いはせぬ
盾となり散るが 我が本望

幼き体に鎧をまとい
戦場駆けるは戦乙女
その志もののふなれど
あわれと思うは傲慢か

その背を任せてはくれぬだろうか
由々しき事態あるならば
この首進んで差し上げよう

いかなる敵にも容赦はせぬ
愛しき恋情 捧げましょう
生きて帰るが我が望み
血の河越えし 君と共に

赤い花片が宙を舞い
鋭き刃が闇を裂く
手を取り合うには今少し
成すこと成さねば なりませぬ
いずれまみえし時代(とき)にこそ
咲かせてみせましょう 恋の花

コメント

  • ggrks -- 名無しさん (2011-06-17 17:04:41)
  • 戦国とか!!よっしゃあ曲聴きに言ってくる -- 名無しさん (2011-06-17 17:14:59)
  • ~恋など知らずに~……ではないのですか? -- 胡蝶 (2011-06-17 19:38:04)
  • 改めマシテ戦国って最高デスネ☆(^w^) -- 闇丸 (2013-04-29 21:16:35)
名前:
コメント: