手のひら

てのひら【登録タグ: 初音ミク 図書延滞P 巡音ルカ

作詞:図書延滞P
作曲:図書延滞P
編曲:図書延滞P
唄:巡音ルカ,初音ミク

曲紹介

  • ゆったりとしたメロディーとせつなく温かい歌詞。やさしい声のルカ、GEN上げめの声なミクが歌う。

歌詞

ピアプロより転載)

夜道淡く照らす あの窓明かり
奥には君がいる そんな気がした
ずっとここにいれば もう一度だけ
君の笑い声を 聞ける気がした

手のひらを 二つ重ね合う
片方は 君の手
そんな夢 見て目を覚ませば
君はもう いないよ

あてどなく歩いて 星を眺める
同じ夜空君も 見てたら良いな
君にいつか聞いた 星座の見方
こうしてるといつも 記憶にのぼる

手のひらを 遠い君の背に
思い切り 伸ばして
どうしても 触れられなかった
届かない 今でも

手のひらを 伝ってこぼれる
言えなかった 言葉が
足元に 高く積み上がる
動けない どこにも

コメント

名前:
コメント: