桜並木 > におP

さくらなみき【登録タグ: におP 初音ミク

作詞:におP
作曲:におP
編曲:におP
唄:初音ミク

歌詞

ほんのり香る桜並木、
あの日と同じ地を 踏みしめる前に
ただ 君に逢いたくなるから…

浅はかな君の思想
本当は大好きだった
何もかも持ってる人より
ずっと輝いてた

寒がりの振りした背が
本当は大好きだった
僕の気を惹こうとする仕草
実は気になっていて

きっとお互い、
擦れ違う日々を乗り越えて
完璧な環になると
信じ 願い 続けていた

ほんのり香る 桜並木、
いつもと違う地を 踏みしめる前に
ただ 君に逢いたくなるから

静かな朝の 甘いツツジ
涙に濡れる地を 踏みしめる前に
ただ 君に逢いたくなるから…

外の気が 押し寄せ詠う
心を揺さぶるように
あの頃は 「まだ解らない」と
笑って誤魔化していた

すこし黙って
いがみ合うことを 恐れて
いつの間にやら
共に 歩く ことさえ
避けていた

見つめた先に 桜並木、
眺める温度、優しく包むように
ただ 君に逢いたくなるから

「たまには嘘も 悪くない」と
強がった君を 抱きしめる時に
一つ 君に言うことが あったのに

ほんのり香る 桜並木、
あの日と同じ地を 踏みしめる前に
ただ 君に逢いたくなるから

静かな朝の 甘いツツジ
涙に濡れる地を 踏みしめる前に
ただ 君に逢いたくなるから…

コメント

  • 曲聴いてないけど歌詞見たら切ない…(;д; -- 名無しさん (2010-05-17 12:04:52)
  • いい曲!もっと評価されるべき -- 名無しさん (2012-04-02 00:51:43)
名前:
コメント: