君の影

きみのかげ【登録タグ: におP 初音ミク

作詞:におP
作曲:におP
編曲:におP
唄:初音ミク

曲紹介


歌詞

君の影2.zipより転載)

青い列車が僕の心の中を横切った
頼りない楽しみに 僅かながら期待を抱いた

赤い果物が僕の喉を通り逃げ道を作った
「一人ももう慣れたし」冷たいベッドに沈んだ

詰まらない言い訳ばかり
口から飛び出し
思い出すのは 君の声
詰まらない恋ばかり
胸を通り抜け
もう見当たらない 君の影


痛ましい未来の傷
作る前から避けて通る
その代わり何か足りない
僕はさっき何かを捨てた

傷付くこともなく
微笑むこともない
たまに飲み屋で酔い潰れて
僕は孤独だなんて
とても言えやしない
もう見えてこない 君の影


星が浮かんだら
連絡ちょうだいね
ビルの上で一人
足をぶら下げる

「きっと二人はいつか、どこかで落ち合う」
そう決め付けて、心の糧にする
往生際が悪くてごめんね
僕は君の影を探してる

コメント

  • 歌詞見て泣いて、曲聞いて号泣しました(ρ_;) -- 奈月 巴歌 (2011-03-30 13:54:11)
  • 良曲すぎる -- 名無しさん (2014-01-16 08:54:49)
名前:
コメント: