かまぼこが見た夢

かまぼこがみたゆめ【登録タグ: ちーむdeかまぼこ 初音ミク 慧梓

作詞:北斗時雨
作曲:慧梓
編曲:ANIMUS
唄:初音ミク

曲紹介

  • この曲はコラボ内での絵茶から生まれてしまったカオス曲です。(動画注意書きより抜粋)
  • ちーむdeかまぼこの処女作とも言うべき作品。
    • ちなみにちーむdeかまぼことは、恋憂節季-12SeaSons-の隔離チーム。リーダーは北斗時雨。
  • 海を泳いでた魚(ミク)が、ある漁師(カイト)の(ある意味カオスな)恋物語。

歌詞

PIAPROより転載)

大きな海の中
照りつける日差しが水面を貫く
私はこの海を泳ぐ一匹の魚
こんな海でのんびりと生きてきたの


でもね ある日恋をした
それは(それは)叶わない恋
突然キラキラ日差しを浴びた
これが彼との出会い


私は魚 貴方は人間
叶わない恋だと知ってても
彼の嬉しそうに私に向ける笑顔が
眩しくて
もっと私を見つめて その笑顔
刻み付けてよね


貴方の笑い顔
一目見たときから好きになってしまった
私は貴方に恋する一匹の魚
そんな貴方に私は抱きついたの


でもね 貴方私のことを
ちょっと抱き留めた後
暗い部屋に押し込んだ
これが(これが)彼との別れ


私は魚 貴方は人間
暗くて何も見えないよ ah ah
再び外からの光を浴びたときには
彼は居ない
そんなに私を見ないで この身体
刻み付けないで


型に容れられて 固められた私
それでも彼に会いたい
彼は今の私の姿を見て
私だってわかるかしら
せめてもう一度 彼に美味しく食べて欲しいのよ
私を海から出した責任
ちゃんととって欲しいの


私は魚 貴方は人間
叶わない恋だと知っていても
彼の嬉しそうに私に向ける笑顔が
眩しくて
もっと私を見つめて その笑顔
刻み付けてよね


私の心 貴方の心と
通じあわないと知っていてても
彼にありのままの私を求めて欲しいと
願って
もっと私を見つめて その身体で
抱き寄せてよね

さぁ 味わって
美味しいと囁いて…

コメント

名前:
コメント: