シェーマ

しぇーま【登録タグ: スターライトP 初音ミク

作詞:スターライトP
作曲:スターライトP
編曲:スターライトP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 今回は初の暗い曲、でも答えはある曲になっています。(作者コメ転載)
  • 「シェーマ」とは心理学者のジャン・ピアジェがつくった心理学用語で、人間が環境に適応していく中で体制化される、認知システムを構成する諸要素のこと。
  • この曲の作詞をしている際、精神学者の権威「ジャック・ラカン」の著書を一冊読み切ってしまったという。
  • CDではタイトルが「シェーマL」になっており、オケには大幅なリメイクがされている。

歌詞

意識の 向こう側に
隠した 心 消えて
いらない 私 さえも
意味など 知らなかった
死にゆく 言葉達は
世界を模していたの

強く強く
閉ざした影に染まる指
もう一度と願うことも出来なくて

遠く遠く 震える瞳 映した
まなざしには 重なる輪に 導かれ
幻想に 委ねるの

眠りの 中で 今は
夢見る 事さえ
忘れて 一人
自分を 探してる

今はまだ 答えも無くて
空虚に導かれるの

崩れてく 私の シニフィエに
理想だと 気付いたの

ああ ここで 夢を見るのならば
傍に居てよ 何も要らない

光さえ 映らぬ 水面に 戸惑うの

まだ つかめない 指は
祈り 重ねても
自らの贖いに 怖れなど 無くて

繋がって 命 芽吹く 花に 
心が惹かれ合うの
光から 影が 見えぬことに
気付くことさえ 今更なのに

もっと もっと 心の声を 聞かせて
ずっと 傍に いて ああ そっと

いつか きっと ふれあう 心 繋がる
強く 強く

コメント

名前:
コメント: