キャッチャー・イン・ザ・ワールズエンド

きゃっちゃーいんざわーるずえんど【登録タグ: お抹茶P 初音ミク

作詞:お抹茶P
作曲:お抹茶P
編曲:お抹茶P
唄:初音ミク

歌詞

降り注ぐ光に身を投げ出して
時間の渦 巻き込まれてく
多分見慣れた世界は遠すぎて
戻る術などはなくて

揺らぐ空 風の隙間抜け出して
踊り出す青い陽炎
加速してく雲の流れゆるやかに
煌く埃が舞う

★ 今 闇の中で静寂震わせて
  光を抱いて飛ぶ
  名も無き朱の鳥 羽ばたいて

  夢の果てでつかまえて
  時を止めてつかまえて
  遥か遠く輝く未知が
  僕らを呼ぶんだ

  巡る月を追いかけて
  星の浜辺 駆けていく
  空と海の繋がる場所を
  僕らは目指して

回る木馬 定めの檻飛び出して
過去と未来 廻り続ける
言葉のない場所に生まれた生命を
次の時代へ運ぶ

微か漏れる水の音に誘われて
追いかけてく ここにある意味
覗き込んだ地平に現実を見る
ここは楽園じゃないと

硝子の花咲く暁の砂漠で
ただ探し続ける
悲しみの知らない永遠を

夢の続きが見たくて
時を止めて眠りたい
いつか見てた儚い日々は
遠い幻

星のかけらを集めて
想い乗せて解き放つ
終わり告げる世界の唄が
鳴り止まぬように

★ くりかえし

コメント

  • この曲すごく好き -- Aki (2011-01-26 21:09:56)
名前:
コメント: