あこがれのラベンダー

あこがれのらべんだー【登録タグ: ミユキストP 初音ミク

作詞:ミユキストP
作曲:ミユキストP
編曲:ミユキストP
唄:初音ミク

曲紹介

  • どこか懐かしい優しいメロディーの曲。
  • ラベンダー畑に行きたくなる。

歌詞

両手を握り締め 「行かないで」と言った
それでも 「あの町を捨てない」と言った
優しすぎる貴方 ぶれないその笑顔
道標ない私には いじわる北風

都会のざわめきの中 桜はとうに終わり
夏の日の下調べ ときめきを探して
迷い来るミツバチを 香りの誘いに乗せて
早咲きのラベンダーは 実りを焦ってる

何度も恋しても 埋められない想いは
どこへ向かおう…

たとえ歩幅は合っても 通わす心根がない
己の弱さを隠す よろいが欲しいだけ
それは鏡のように この胸にも跳ね返る
護られて時に支えて 愛は深まるもの

低く垂れ込める雲 あなたは知らないこの空
手のひらに今も残る ささくれの記憶
妖精の叫びに応え 花人が守り抜いた
あこがれのラベンダーは 梅雨空の明ける頃

何度も恋しても 埋められない想いは
どこへ向かおう…

都会のくすんだ空と どこまでも清らかな丘
つながっていると信じたい

風が運ぶ先は 冷たい北の国
それでもこの心 温める国
風が運ぶ先は 優しい時間(とき)の町
くずおれたラベンダーは ふるさとを求める

風が運ぶ先は 愛しい人の胸
尽きる事を知らない 命の水が湧く
風が運ぶ先は 愛しい人の胸
枯れかけたラベンダーは もう一度 咲いてみる

コメント

  • 聞くと富良野に行きたくなる -- 名無しさん (2009-11-15 02:34:34)
名前:
コメント: