牡丹

ぼたん【登録タグ: FrozenStrawberry 初音ミク 杉の人

作詞:FrozenStrawberry
作曲:FrozenStrawberry
編曲:FrozenStrawberry
唄:初音ミク

曲紹介

  • 今回も高校のバンドの一日復活ライブでやったきり放置していた曲を作り直してみました。歌詞と実際の歌唱が違うのは仕様です♪(作者コメ転載)
  • 過去の恋愛を歌った切ない和風バラード。今はもう左に居ない君との記憶と想いを沢山込められた歌。
  • しっとりとした豊かな音に二人が一緒に居た夏と冬の香りが匂って来る様。
  • ピアノ・ドラムを ジェンキン寿司氏、イラストを natsu氏、動画を rlldi氏が手掛ける。

歌詞

PIAPROを歌唱に合わせて変更)

君越しに見る(夏)空に牡丹が咲く
襟元に僕があげた花
明日には離れ離れの誰かもこの空を見てる、なんて思いもしなかった

君を待つ 駅 5分前
遅れちゃう、との謝罪メール
浴衣の帯がどうしたとか

思い切り普段着の僕
まあ、そういうの駄目だし
ちょっと想像して待ってる

君が一番ではなかった僕
そしてそれに傷ついていた君
でも、あの時はそれなりに上手く距離が取れてた
曖昧なままが良かった

既に涙でメイクが台無し
でも赤い黄色の帯 くやしいけど、悪くなかった

手を繋ぐのが苦手な僕
構わず腕を絡めてくる君
でも、振り払うわけにはいかない愛しさを受け止められていた

突然の雨、君が濡れないように傘を持って迎えにいった
あの頃は、まだちゃんと守れてた 君と、僕と、これから
根拠もなく、それでも確かなもの(今、思えばそれが全てで)
不安げに曇る君の表情(かお)さえ晴らす自信に溢れてた

音楽(おと)を失った僕にはもう君だけしか残っていなかった
それを最後まで受け止めてくれてたのは、ねえ、君の方だったんだよね

平気なフリが出来なかったんじゃなくて曝け出すのが愛だと思ってた
きっとそんな下らない素直(こと)ささえ証明だと思ってた

「   」

君越しに見る(冬)空に牡丹が散る
白い息、曇る僕の視界
綺麗だと直情的(すなお)に言える君が少しだけ悲しかった

最後の恋には出来なかったけれど
君が左(ここ)に居てくれた幸せな時間が紛れもなく「僕」を作ってる

この歌が「君(あなた)」に届くことは最初から無いって分かってるけれど
今度こそ、決して散らない花が咲くように願っているよ ずっと

コメント

  • 何故埋もれる・・ -- 名無しさん (2010-02-26 16:22:48)
  • え、何で埋もれてるの。いい曲だよ! -- 名無しさん (2010-09-24 00:47:41)
  • もっと評価されるべき -- 名無しさん (2012-05-15 04:10:50)
  • 言い曲 -- 名無しさん (2014-02-26 20:47:59)
名前:
コメント: