Love you Maybe...

【登録タグ: HIDAKA L 初音ミク

作詞:蒼樹里緒
作曲:HIDAKA
編曲:HIDAKA
唄:初音ミク

曲紹介

  • 傍に居るのが当たり前のように思っていた幼馴染の彼への恋心に気付いてしまった…。そういう想いをした事はありませんか?(作者コメ転載)
  • 自身のバラード集大成。動画は曲の2コーラス目からHIDAKA氏の曲作りの仕方が挿入されています。

歌詞

ひらり 花びら 髪に落ち
それをつまんだ指先が

いつの間に、わたしよりも
大きくなったのかな
昔、手を繋いでた頃、小さくて
頼りないてのひらだったのにね

自分でも知らないうちに 心の深層(ふかく)まで
あなたへの愛しさで 満たされていたみたい
改めて気持ちを言うの なんだか恥ずかしい
伝えてもいいかしら くちびるに乗せて

耳に届いたその声が
いまは優しいテノールで

高かった、あなたの声
まだ憶えているわ
離れないように何度も呼んでいた
わたしの背中追いかける響き

名前、呼ばれるだけなのに 心が揺らいでる
鼓膜にも染み込んで いつまでも消えないの
わたしも変わったのかしら 掠れたソプラノで
こっそりとつぶやいた 大切な名前

自分でも知らないうちに 心の深層(ふかく)まで
あなたへの愛しさで 満たされていたみたい
改めて気持ちを言うの なんだか恥ずかしい
伝えてもいいかしら くちびるに乗せて

抱きしめるあなたの腕も いまはたくましくて
あたたかい温もりに ただ支えられてるの
ひらいたアルバムの中の 写真が懐かしい
照れながら笑い合う いままでのふたり
これからも ふたり…

コメント

名前:
コメント: