14


作詞:ナタP
作曲:ナタP
編曲:ナタP
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 鏡音生誕2周年記念にリリースされた、永遠の14歳、鏡音レンへ捧ぐ歌。
  • もはやそのちょうど倍を生きてしまった僕も、14歳の頃の気持ちをかき集めて作ってみました。(作者コメ転載)

歌詞

僕が生まれた意味を 幾千の曲に探して
響く世界の音に 心をただ震わせていた

止められない時計の針を見ていた
遠い朝を待つように

手放せない 果てない想い
夜に漂い巡っていた

たった一度の時は繰り返し流れて
忘れてしまう代わりに紡いだ音の波を
変わりゆく街にかき消されないように
いつかそれが どこかに 誰かに 届くように

僕は歌った 君の歌を歌った

君が生まれた日には いくつもの曲が生まれて
響く世界の音が 未来を照らしていたのに

変えられない運命握りしめていた
粉々になる程に

変わっていく かすれた声で叫んだ
壊れそうな夢を

たったひとりの君は繰り返しうつむいて
他の誰かの代わりになろうともがいていた
届かない空の向こうに手を伸ばすように
いつか かけがえのないもの掴み取れるように

君に歌った 君の歌を歌った

たった一度の時は繰り返し流れて
忘れてしまう代わりに紡いだ音の波を
変わりゆく街にかき消されないように
いつかそれが どこかに 誰かに 届くように

たったひとつの歌に込められた想いが
いつか色褪せて忘れられていく想いが
移りゆく日々に嘘にならないように
いつかそれを君がまた取り戻せるように

僕は歌った 君の歌を歌った
僕は歌を歌った 君の歌を歌った

コメント

  • 低音レンいいですよね~^^ ページ作成ありがとうございます! -- 名無しさん (2010-01-15 20:22:18)
  • 歌詞UPありがとうございました!ナタPレンの心が伝わる歌のような気がします。 -- 名無しさん (2010-01-17 18:46:46)
  • この歌本当好きだ -- 名無しさん (2010-04-22 10:57:19)
  • ナタpさんの歌はどれも好きです。 -- 名無しさん (2010-12-18 10:51:10)
名前:
コメント: