daylight

【登録タグ: D river 唯羽 鏡音リン

作詞:唯羽
作曲:river
編曲:river
唄:鏡音リン

曲紹介

  • river氏の43作目。
  • 光に飛び込んでいく、包まれる、そんなイメージで作りました。(作者コメ転載)
  • イントロはとても長いが、心地よく聴けてだれない。聴く時は音量をあげること推奨。

歌詞

(daylight・・・)

今も無垢なまま 信じた嘘覚えてる
生きる強さなんて きっとどこにも無いんでしょ

(daylight)

痛む傷の温度 癒えないことに怯えて
迷い恐れては また走り出しているよ

(daylight)

満ちるこの光を 真っ直ぐにたどって行けば
世界 すべて消えて まっさらに戻るはずなの

(daylight・・・)

逃げては追われ続け また向かい合う あの子
傷だらけの顔して 泣いてる 私に似て
振り返りたくないよ どうして瞳(め)が閉じない
光が欲しい 白く なんにも見えないように
空(ここ)に広がる白の 太陽は迎えなの?
燃えて灰になったら これであの子はさいご?
言葉も無く虚ろな 瞳で心 責める
浮かんだあの頃 まだ面影が嗤(わら)ってる

愛しい白のひかり

止め処なく零れてく

シロ クロ 朝 夜 すべて 消えた

(daylight・・・)

沈み 褪せて行く 近くなる渦を眺め
変わるそぶりない 黒に自分を置き去る

(daylight)

ひどく無愛想で ちっぽけなあの幼子も
白く包まれたら きっと私とさよならね

(daylight)

遠く 遠のいた 傷だらけの影の中
強い光の先 救いの色を信じて

(daylight・・・)

コメント

名前:
コメント: