銀色のキャンバス

ぎんいろのきゃんばす【登録タグ: KiNO naomi 初音ミク

作詞:naomiKiNO
作曲:KiNO
編曲:KiNO
唄:初音ミク

曲紹介

  • 舞い落ちる雪と銀世界をモチーフに、幸せな未来を願う歌を、初音ミクに歌ってもらいました。ピアノ+合唱+シンセサイザーのサウンドもお楽しみ下さい。

歌詞

今年もまた雪が降りてきた
全てが銀色に染まる冬
2人冷たい手を温めあって残した
歩んだ数だけの軌跡

私たち これから何が残せるかな?
お互いのぬくもり感じながら歩き続けて

いちばん誰かといたくなる
冬が好きで 冬が好きで
この先の季節もずっとずっと
手をつないでいられるような
そんな2人になりたい

今年もまたひとつ季節越えて
2人強くなれた気がしているよ
少し背のびしてもっと近づきたいの 
あなたと同じマフラー寄りそって歩こうよ

私たち ひとつずつ色を重ねたなら
このキャンバスに2人だけの未来画を描けるよね

いちばん誰かといたくなる
冬が好きで 冬が好きで
まだまだ1人じゃ心細いけど
手をつないで支え合える
そんな2人になりたい

いつか2人暮らし始めた時
いつか子供が生まれた時
その先もいつも手をつないで
歩き続ける未来を願ってるよ

いちばんあなたといたくなる
冬が好きで 冬が好きで
また雪が街を染める頃にも
隣には私がいるよ
右手温めるから

この銀色のキャンバスに
描く未来どんな時も
信じてるから いつか叶うよね
あなたの夢 私の夢
降り積もる真っ白な恋
2人だけの真っ白な恋

コメント

名前:
コメント: