花歌

はなうた【登録タグ: ほぼ日P 初音ミク

作詞:ほぼ日P
作曲:ほぼ日P
編曲:ほぼ日P
唄:初音ミク

曲紹介

春は別れの季節ということで旅立ちをテーマにしてみました。 珍しくネタ曲ではないです。
卒業式シーズンに向けた曲になってしまいましたが、もとは娘が「鼻歌」って言ったのを「花歌」と誤変換したために思いつきました。
サビの終りはオフコースみたいになってしまってます。

  • ほぼ日Pの132作目
  • ほぼ日Pの作る綺麗なメロディが聴かせてくれる卒業曲

歌詞


君の唇からこぼれる
花の言葉
私の耳元すり抜けると
良い香りがする

淡い桜
風に舞って
雨のように
降り注いでいる

花歌
遠く離れる
私に歌ってくれた

一人で寂しい時は
この歌思い出すから

君が私に見せてくれた
この景色を
私はこれからどこに行っても
覚えている

この町から
離れてゆく
仲間たちに
聴かせてあげたい

花歌
地元に残る
仲間と離れる日に
この歌
一緒に歌えたことを
私は忘れないから

この町過ごしてきた
楽しかった仲間との日々や
あんなに胸締め付けられた日々が
思い出に変わろうとしている

花歌
幼い頃の
私を育ててくれた
この町
明日離れたとしても
いつか帰ってくるから

花歌
遠く離れる
私に歌ってくれた

一人で寂しい時は
この歌思い出すから

私は忘れないから


コメント

  • ほぼPって真面目な歌作れるんだw -- 椿姫 (2011-08-02 00:33:10)
  • ほぼ日Pって真面目な曲作れるんだ。以外です。 -- 栞那 (2012-02-29 09:07:30)
  • 自分が卒業した日のこと、思い出して泣いてしまいました。いい曲だと思います。 -- 亜果利 (2012-02-29 09:10:44)
  • コレ感動した -- AKANE (2012-02-29 11:53:38)
名前:
コメント: