心に棚を 唇に歌を

こころにたなを くちびるにうたを【登録タグ: ほぼ日P 初音ミク

作詞:ほぼ日P
作曲:ほぼ日P
編曲:ほぼ日P
唄:初音ミク

曲紹介

  • ほぼ日Pの139作目。
  • 島本和彦氏 の名作「炎の転校生」に出てくる伊吹三郎の名言にインスパイアされた。

歌詞

心に棚をつくれ 唇に歌を持て
自分を棚に上げ 正論を吐け

電車の中のシルバーシート 座り込む若者
目の前に年老いた お婆さんが立っていた

「自分も狸寝入り したことがあるだろう」
心の声に耳を塞ぎ 若者怒鳴りつけた

誰もが心の奥に 後ろめたいものがある
そんな気持ちは心の棚に 一旦置いておけ

心に棚をつくれ 唇に歌を持て
それはそれ これはこれ
ひとまず置いておけ

自分が発案して 立ち上げたプロジェクト
引き継いだ後任者と 同席した会議

担当を離れてみれば 必要性感じない
自分の責任に目をつぶり 廃止に追い込んだ

誰もが一つや二つ 叩けば埃は出る
そんな過去を 心の棚に
置いても バレやしない

心に棚をつくれ 唇に歌を持て
自分が言えた 義理か
深く考えるな

コメント

  • なぜ、コメがない? -- 名無しに見せかけた名無し (2014-10-31 04:10:32)
  • 一瞬、タイトルがRe:nGさんのに見えた…。ごめんなさい。 -- 名無しさん (2015-01-28 07:42:39)
名前:
コメント: