CRUSH DOWN

【登録タグ: C MEIKO tatsuro
作詞:tatsuro
作曲:tatsuro
編曲:tatsuro
唄:MEIKO

曲紹介

  • 抗えない現実に、君はどう立ち向かう?
  • マリリン・マンソンっぽいインダストリアル・ヘヴィロックに仕立て上げました。(作者コメ転載)
  • 2011年1月に公開されたリメイク版では歌詞が追加・変更されている。
    • 「MEIKO V3」の公式デモサンプルに選ばれた。使用DBは「DARK」。

歌詞

今日も始まる 悪夢の一日
街には 暗い顔が群れをなす
朝から晩まで 仕事をしたって
少しも暮らしは 楽にはなりゃしない

職場はいつでも 険悪なムード
ヘマばかりの部下 イライラ上司
古株マダムは 鷹の眼をして
新人のあの娘 睨み付けてる

人は誰でも 見えない恐怖に怯え続ける
報われることない 社会の不条理飲み込んでいる

今だけはそう ブチ切れて
声を上げ その怒り吐き出せ
拳を振り 突き破れ
現実という この悪い夢

生まれたことを悔やんでみたって
誰かにすがり付きたくなったって
明るい未来なんて 何処にもない
存在するのは 確かな現在(いま)だけさ

誰かと誰かが 惚れた別れたの
要らないニュースばかり溢れてる
根も葉もないこと 作り話も
噂になったら それは真実

人の弱味を 掴んでしまえば 書いたもん勝ち
憧れのスターさえ 奴らにかかれば ただの負け犬

操作されてる情報
くだらない 噂など要らない
メディアに踊らされるな
真実は 自分で確かめろ

妄想だらけのゴシップ記事も
フィクションだらけのリアリティショーも
どいつもこいつも 信用出来ない
信じられるのは 自分自身だけさ

人は誰でも 生まれた時から首輪付けられ
歪んだ社会の歯車になって もがき続けるだけ
それが運命さ

今だけはそう ブチ切れて
声を上げ その怒り吐き出せ
拳を振り 突き破れ
現実という この悪い夢

生まれたことを悔やんでみたって
誰かにすがり付きたくなったって
救済(すくい)の光なんて 何処にもない
突っ走るだけさ この世の終焉(おわり)まで

歌詞(リメイク版)

今日も始まる 悪夢の一日
街には 暗い顔が群れをなす
終日[ひねもす] 働き続けたところで
暮らしは少しも 楽にならざる日々

職場は毎日 険悪ムード
役立たずの部下 苛立つ上司
古株マダムは 鷹のような眼で
新入りのあの娘 睨み付けてる

人は誰でも 見えない恐怖に怯え続ける
報われることない 社会の不条理飲み込んでいる

今だけはそう ブチ切れろ
声を上げ その怒り吐き出せ
拳を振り 突き破れ
現実という この悪い夢

生まれたことを悔やんでみたって
誰かにすがり付きたくなったって
明るい未来なんて 何処にもない
存在するのは 確かな現在(いま)だけさ

誰かと誰かの 恋の行方など
知りたくもない ニュースが流れる
出所不明の 作り話でも
噂になったら 真実になる

人の弱味を 掴んでしまえば 書いた者勝ち
憧れのスターさえ 奴らにかかれば ただの道化さ

操作されてる情報
根も葉もない 噂など要らない
メディアに踊らされるな
真実は 自分で確かめろ

妄想だらけのゴシップ記事も
フィクションだらけのリアリティショーも
どいつもこいつも 信用出来ない
信じられるのは 自分自身だけさ

個人主義に 刹那主義に
快楽主義に 蝕まれた君
その瞳に 映るものは
黒く濁った未来しかないの?

ねぇ神様 もしいるなら
どうかお願いを聞いて下さい
世界を変える 力が欲しい
僕の意のままに

人は誰でも 生まれた時から首輪付けられ
歪んだ社会の歯車になって もがき続けるだけ
それが運命さ

今だけはそう ブチ切れろ
声を上げ その怒り吐き出せ
拳を振り 突き破れ
現実という この悪い夢

生まれたことを悔やんでみたって
誰かにすがり付きたくなったって
救いの光なんて 何処にもない
突っ走るだけさ この世の終わりまで

コメント

  • V3デモになってたね -- 親衛隊 (2013-12-13 16:49:25)
  • 暗い歌詞なのに背中を押される不思議な曲 -- 名無しさん (2014-12-12 22:49:00)
名前:
コメント: