時巡りの歌

ときめぐりのうた【登録タグ: ドジっ子P 初音ミク

作詞:ドジっ子P
作曲:ドジっ子P
唄:初音ミク

曲紹介

  • ドジっ子Pの4作目

歌詞

空に宿る その夢は
いつか彼が みた希望(ひかり)
いくつもの苦難を乗り越えて
あぁ、いつしかたどり着く

眼に光を、耳に音を、口に言葉を宿して
この新たな世界を今、贈ろう
″ありがとう″
微笑む その姿を胸に抱きしめ
この詩(うた)を語る

時はやがて 喜びを
静かな悲しみへと 移すだろう
世界から光が奪われて
いつからか音までも霞んでく

眼には暗黒(くろ)が、耳には静(む)が、口には涙が流れて
かつて見ていた 未来はその色を失った
「会いたい」 ささやく声さえも今は
君に届かないよ

雪が溶けて 花が咲いて
新たな物語(ゆめ)が始まる
それは、僕と一つの詩が奏でる
(хххх)
この空に 流れるような青さを
描いていこう 君に届くように

コメント

  • あっがーれ↑ -- 名無しさん (2010-05-23 09:29:01)
  • のっびーろ↑↑ -- 赤尾 (2011-06-06 21:12:36)
名前:
コメント: