いけ!いけ!ぼくらの∀ガンダム!!(全肯定)

MS・MA・戦艦のレビュー&紳士的評価を、YOU、ぶちまけちゃいなよ
紳士的評価 はあくまでスレで使われている主な設定です。
ケータイ専のぽまいらのためのコメントフォーマー
  • 多段ミサイル持ち
    飛行ユニット(当たり前)
    Sサイズ補正有り
    イグルーで捕獲した戦闘機から開発可能

    序盤ではV2B並の悪魔機体 -- Gディフェンサー (2009-03-05 00:51:21)
名前:
コメント:

MS・MAなど

一年戦争編


【RRF-05 ザニー】

戦力的評価
  • 戦地で拾ってきたザクにガンキャノンの頭を付け、ガンタンクの火砲を持たせた機体である。
  • 格闘武装が無く、キャノンの射程は4~6とスナイパーモデルの簡易型といった仕様になっている。
  • スペックではボールを上回っているが、格闘が無い点と機体サイズの回避補正、さらに地形適正で負けている。
  • 魂では初手からジムが生産できるため本機を生産・運用する機会は非常に稀だと思われる。

紳士的評価
  • 当スレに於いても「ザニーを生産すべし」と言うアドバイスが聞かれることは遂になかった。無念。
  • でも戦闘アニメーションは悪くないんだぜ?
  • 「昔はこの機体さえ眩しかったものさ・・・。」

【RGM-79 ジム】

戦力的評価
  • みんな大好き連邦初の量産型MS
  • 初めから捕獲&生産が可能なのでまずはジムを編成することが最序盤の目標といってもいい。
  • 性能そのものはザクIIと大差ないが開発の将来性はどのMSよりも上。

紳士的評価
  • 出世魚=ジム
  • IGLOO3話のジムオソロシス「頭と足があります!」
  • Q「このゲーム最近始めたんですけど、オススメのMSは?」→A「ジム一択」
  • ジムからF91までいくのは実際どうなんだ?
  • ゲストユニットのジム+ボール強えぇw(ファースト最終面にて)

【ヨルムンガンド】

戦力的評価
  • 北欧神話の蛇の怪物の名を冠したその巨大な威容はまさに大艦巨砲主義の化身である。
  • プラズマビーム砲は特殊射撃かつ無限遠の射程を持ち、お髭様もタジタジである。
  • ただ、一発でザク三機分という燃費の悪さは考え物。

紳士的評価
  • 「俺のヨルムンガンドが火を噴くぜ!」
  • 「9mm機関拳銃乙」

【MS-05 ザクI】

戦力的評価
  • このスレの住人であれば誰しもが知っている量産型MSである。
  • 高い知名度にも関わらず、TV版1stではガデムが使用したのみで出番は殆ど存在しなかった。
  • この機体の知名度はプラモやGジェネ、そしてギレンの野望に由る所である。
  • スペック的には観るべき点はないが、この機体を入手することにより様々な機体へと発展してゆく。
  • 渾名は「旧ザク」。
  • 当スレでは旧の字を充てて「1日ザク」と呼ばれる事も多かった。
  • 魂に於けるプレイヤーの初陣はドレン隷下の05を鹵獲することに他ならない。

紳士的評価
  • 「ガデムもトップ姐さんもいないから育ててもつまんなーい」
  • 「バズーカも欲しいけど、それ以前にヒートホークぐらい持たせろよ・・・」

【MS-06F ザクIIF型】

戦力的評価
  • 地球降下作戦からア・バオア・クーまで第一線で活躍したジオンの名機。
  • 初期型(C型)や陸戦型(J型)と違って万能型のはずなのだが、何故か地形適性は宇宙A・地上Dである。
  • この地形適性の評価はPS時代から変わっていない。
  • その為か、地上ステージに登場するザクIIは全てJ型である(シャア機・デニム機・ジーン機を除く)。
  • スペック的には観るべき点はないが、様々な機体へと発展してゆく。

紳士的評価
  • 「こんなカカシみたいな奴らに地上の拠点を取られる連邦って・・・www」

【MS-09 ドム】

戦力的評価
  • ツィマッド社が開発した機体で、脚部に内蔵されたホバーによる高速移動が可能であり、重装甲のわりに高機動である。
  • この機体の主な搭乗者として黒い三連星が挙げられるが、魂には彼らは登場しない。
  • なお、連邦兵士からはその形状から「スカート付き」との別称で呼ばれた。
  • 敵に回すと重装甲と高機動(地上A)そしてジャイアントバズの高火力に悩まされるが、自軍で使うと燃費の悪さと射程の穴に悩まされることになる。

紳士的評価
  • 燃費の悪さから自軍で使う時はヒートソードによる格闘戦が中心になるのだが、ムービーではジャイアントバズの零距離射撃も行っている(勿論ENやダメージには関係ない)。
  • 黒い三連星はともかく、「戦記」の「ドムハゲ」やFの「コロ落ち」に登場した「マッチモニード」の所為でDQNが乗るMSというイメージもある。
  • 「敵の時は脅威だが、味方になると弱体化」というのは漫画やゲームでよくある話。
  • 「ミニスカートにムッチリ太ももハアハア・・・」

【戦闘機 ドップ】

戦力的評価
  • ご存知ジオンの主力戦闘機である。
  • スペック的には非常に貧弱でファンファンと同程度、セイバーフィッシュには負けている。
  • しかしよく診てみると、燃費の良い8連ミサイルを装備しているため育てると以外な戦闘力を発揮する。
  • 必要経験値も少なくSサイズ補正で回避も良好、大事に育ててやって損はないだろう。
  • 開発/設計に見るべきものはない 入手の際は1st2面でガルマ様から頂戴しよう。

紳士的評価
  • 射撃のみの武装なので射撃に秀でたパイロットが適当である。
  • ガルマ様が自軍加入しない為、専用機にはなりません。
  • 初期ENが少ないことが最大のネック。

【MA-04X ザクレロ】

戦力的評価
  • Gジェネ作品に於いて、プレイヤーが初めに所有するであろうMAがこの機体である。
  • 魂では大規模なエクステリアの変更を受け舞い戻ってきた。
  • 戦闘能力は意外と優秀で8連味噌、ビーム砲、ヒートナタはいづれも燃費が良く購入コストも御手頃価格である。
  • 更に拡散ビーム砲は消費が少なく射程2から4までもカバーしており隙がない。
  • こいつはイケる!

紳士的評価
  • ・・・はずなのだが、余りにダイナミックなデザインの変貌により当スレの紳士達にはイマイチ受けが悪い。
  • 曰く「このザクレロかわいくない」そうである。
  • 別名「きれいなザクレロ」。
  • 何故にガンダムとゲルググの設計から生まれてくるかは永遠の謎であると言われている。
  • 一時期ナタ装備機体と言うことでエターナの乗機とする機運があったようだったが、はて?

【EMS-10 ヅダ】

戦力的評価
  • ドレンから戴いたザクⅠから開発が可能で非常に安上がりである。
  • 初手からマシンガンを6回使用可能なENを持つ点は優秀。ハロランクうpの為にドンドン支援攻撃に参加させよう。
  • 指揮官機には対艦ライフルが付属するも流石にこちらの燃費は悪い。
  • 地形適正がBで移動が6と言うのも魅力だが、防御が少し心許ない。

紳士的評価
  • かつては本スレのアイドル呼ばれた機体で、よく熟したアクトザクとヅダが編成画面に並んでいる光景が見られた。
  • 漢の漢による漢の為のMS。
  • 「ヅダはゴーストファイターではない」
  • 「ヅダに乗ったら彼女が出来ました」
  • めいいっぱい移動させたり、ブースターを着けたら爆発するかと思ったが、そんな事は無かったぜ!
  • ザクにコンペで負けた?愛情さえあれば無敵。
  • 「ジオニック社の陰謀だぁ!」
  • 「陰謀史観乙」
  • 隊長機にすると、角がつく上に武装も増えて万歳だ。
  • 「やっぱり角だよね」

【YMT-05 ヒルドルブ】

戦力的評価
  • 最大8マスもの長射程と変形することで格闘も可能になるという、まさに陸の王者とも言うべき万能機体。
  • …のはずなのだが2L・実体弾が主兵装・開発後も同じ悩みが続くという三重苦で結局主力にはなりきれない。
  • また、燃費もイマイチなためマスターで使用しないと結構な手間が掛かる。
  • 初期にしてはやや割高であり、戦力になるまでには時間が掛かることから主力にするには愛が必要。

紳士的評価
  • 陸しか動けない機体をコンペに出すって凄いよね。
  • 発砲するだけであんなに浮き上がるようじゃあ、しっかり狙い撃てるのだろうか?
  • 「てめぇなんざ一発で十分だ!」

【MSN-02 パーフェクト・ジオング】

戦力的評価
  • ジオングに「飾り」である脚を取り付けた機体。
  • これにより地上での運用も可能になったが(陸上C)、機動性は低下し宇宙適性もAからBに下がった。
  • 外見上は脚が付いただけに見えるが、HP・ENや攻撃力・防御力が元のジオングよりも上昇している。
  • 格闘戦もこなせるようになったので死角が無くなったのだが、PS時代はビームサーベルを使用していたのに(1/144パーフェクト・ガンダムの箱絵でもビームサーベルを手にしていた)魂ではキックになっている。
  • 「ギレンの野望・ジオンの系譜」のジオン軍エンディングでパーフェクト・ジオングがガンダムを踏み潰すシーンと何か関係があるのかもしれない。

紳士的評価
  • 通称「パオング」。
  • 「さあ早く、ア・バオア・クーでシャアのジオングをS登録する作業に戻るんだ。」
  • ジオング+ドム=パーフェクト・ジオングは「プラモ狂四郎」時代からの伝統。
  • こちらもドムと同じく「ミニスカートにムッチリ太もも」なのだが、ドムほど注目されないようだ。

【MS-11 アクトザク】

戦力的評価
  • 「ペズン計画」の一環としてジオン公国軍によりペズン基地で開発された機体で、各関節部にマグネットコーティングを施し高い機動力を発揮する。
  • RX-78シリーズとほぼ互角の機体性能であり、コストパフォーマンスに優れている。
  • 武装はヒートホーク、マシンガン、バズーカと射程の穴も無く、非常に使いやすい機体である。
  • 機体性能を水増しするマグネットコーティングがデフォルトで付けられている為、新兵訓練用にもベテランパイロット用にも使える。
  • マレット・サンギーヌが乗る機体は更に機体性能が向上する為、RX-78シリーズでさえも普通に戦うと危険である。
 ステージ中で敵として登場した際には更に改造が施されているため、その基本性能は無改造状態のZZやF91をも凌駕する。
  • しかし、マレット専用機は装備がヒートホークとビームライフルになるため、少々使い辛くなるとも言える。

紳士的評価
  • 「マレットUzeeeeeeeeeeeee!!!!!」

ジオン再興編


【MS-09F/Trop ドム・トローペン】

戦力的評価
  • ドムを熱帯用に改修した機体。
  • ドム系の宿命か自軍ユニットというよりも手強い敵ユニットとしての印象が強い。
  • マシンガンを装備しているおかげで射程の穴がなくなり、さらに手強くなりました。

紳士的評価
  • 0083の1面は通称ドムトロ道場、または2面までを合わせてドムトロ地獄とも。
  • 「これだけ戦力あったら正面からトリントン基地落とせるだろwww」

【RGM-79Q ジム・クゥエル】

戦力的評価
  • パラメータ上特に変わった点は無い平均的なモビルスーツ。
  • サーベル・バルカン・ビームと穴の無い武装構成。まさに空気。
  • しかしゲーム初期においては、Z1面で捕獲できる上に、Lv4でいきなりヘイズルになってしまう。
  • 加えて少ない経験値でさくさくレベルが上がる。芋虫から最終的にイカロス。かっこいいぞ
  • 射程、適応能力に問題は無いので、魔改造すればなんとでもいける。ジム好きにはたまらないたたずまい。

紳士的評価
  • ジムカスタムとどこが違うの?栄光のティターンズカラー。
  • 魂はもとより、Fでもゼータ1面に数機出てくるだけ、という悲哀っぷり。誘爆するんですね、大尉!
  • 職務怠慢なティターンズの印象からは想像できないサーベル格闘の動きのキレ。スタッフゥ――ッ!

【AMA-100 ゾディ・アック】

戦力的評価
  • ネオ・ジオン軍の試作型MA。全長200mを越える大型機で、地球侵攻作戦の際の低軌道制空用兵器として開発された。
  • しかしメガ粒子砲に問題があった為、ぺズンの反乱終盤で廃棄処分となったものがニューディサイズに譲渡される。
  • 大型メガ粒子砲の威力はコロニーレーザーを除けば最強クラスである。
  • ・・・はずなのだが通常兵器のメガ粒子砲の分類はBEAM2であり、MAP兵器のメガ粒子砲もそれほど威力は無い。

紳士的評価
  • 「BEAM3で撃ったら原作通り暴発するんだよ、多分・・・・・・」
  • サイズは4L。・・・言いたいことはわかるでしょ?

【MSZ-010 ZZガンダム】

戦力的評価
  • 言わずとしれた「機動戦士ガンダムZZ」の主役機。
  • サーベル、バルカン、ライフルといったガンダムタイプらしい武装の他、本機を象徴するハイメガキャノンをMAP兵器として搭載。
  • ……が、MAP兵器は使いづらく敬遠されがちなのがこのゲームの宿命。
  • 8連ミサイルを持ち、移動力も上がるGフォートレス形態での運用がメインとなる。

紳士的評価
  • V2バスターと並ぶ無双機体の1つ。MS形態で運用されることが少ないのはご愛嬌。

【MSZ-010S フルアーマーZZガンダム】

戦力的評価
  • ZZガンダムをフルアーマー化した機体。
  • 変形機構は失われたが、脱出機能、ビームコーティング、フルアーマーシステムと、クロスボーンガンダム・フルクロスに次ぐ防御性能を誇る。
  • 8連ミサイルも搭載しており、宇宙空間でならGフォートレスと同等の活躍を見込めるだろう。

紳士的評価
  • ビームコートのおかげで御髭様とチャンバラできる数少ない機体の一つ。
  • サーベルデモの際にアオリのカットインが入るが、これはフルアーマー専用のものでノーマルには存在しない。

次世代闘争編


【RX-104FF ペーネロペー】

戦力的評価
  • サブフライトシステム無しでの単独飛行を可能とした第5世代MSの1つ。
  • バルカン並みの燃費でライフルを発射できるビックリ機体。手軽に無双が可能。
  • 移動力には優れるが、ミサイルを搭載しないためオーバーキルには不向き。
  • 性能は高いが、2Lなのでマスター向きか。

紳士的評価
  • 正攻法で作ろうとするとエラい苦労をする羽目になる。素直にクスィーをACE登録して開発するのが吉。

【F91 ガンダムF91】

戦力的評価
  • サナリィの開発したMS小型化計画の集大成的機体。
  • 飛行可能、射程穴なし、バイオコンピューターによってパイロットの能力を底上げができる、と使い勝手がよい。
  • ビーム主体の武装とはいえ超強気になれば爆発的な火力を有する。

紳士的評価
  • 残像モード時のグラフィックはスタッフの本気。
  • 以上のことからスレ内の人気の高い機体、主役格オリキャラを乗せて愛用する紳士も多い。
  • 「やっぱりF91が1番かっこいいですよね!」by F91の人(偽)

【LMー314V23 V2バスターガンダム】

戦力的評価
  • V2ガンダムを砲撃戦仕様に換装した機体
  • 移動力9、飛行可、燃費の良い6連ミサイル、初めから高めの攻撃防御機動とかなり強力

紳士的評価
  • これを手に入れるとヌルゲーになってしまう魔の機体
  • 「V2Bのおかげで虐殺ゲーになりますた」
  • Q「〇〇がクリアできません!orプラチナがとれません!or倒せません!」→A「V2Bを作って鍛えろ」

【ZMT-S34S リグ・コンティオ】

戦力的評価
  • 飛行可能で移動力7。
  • 特殊射撃のショットクローを中心に1~7マスまで死角の無い武装を誇る。
  • 初期機体性能は高いが、燃費に難あり。

紳士的評価
  • クロノクルの機体なのでアレ。
  • 外見がとてもアレ。
  • 名前を逆から読むなよ!絶対に読むなよ!?

その他


【GFF-001 フェニックスガンダム】

戦力的評価
  • 基本性能はそれほどでもないが、2000×4のBEAM2、サーベル、ライフル、ファンネルと充実の武装。
  • 飛行可能で移動力も高く、貴重な航空戦力として序盤の戦線を支えてくれる。

紳士的評価
  • GジェネFでの初登場以来、扱いが低くなり続けているGジェネ完全オリジナルMS。
  • だが序盤の貴重な戦力には間違いなく、クリアーまでマスターユニットとして酷使する紳士も。

戦艦


一年戦争編


【SCV-70あるいはLMSD-71 ホワイトベース】

戦力的評価
  • 地球連邦宇宙軍所属のペガサス級強襲揚陸艦2番艦。
  • 言わずと知れた、一年戦争で最も有名な艦であろう。
  • 火力とアビリティは申し分ないのだが、3×2という搭載数が惜しい。
  • また、ペガサス級全般に言えることだがカタパルトが前方にしか無い為、横や後ろからの攻撃に弱い。
  • 1stの地上ステージでは動けない状態の為、ただの大きな的である。
  • ↑さりげなく艦砲射撃が専用のものに変更されてるので見忘れないように

紳士的評価
  • 「また動けないのかよ!」
  • 「ミノ粉撒いても避けられないのかよ(PS時代は行動不能でもミノ粉で被弾をある程度避けることができた)」
  • 過去作では序盤のオリジナル軍の母艦としても使ったが、今回は搭載数とカタパルトの問題から敬遠する紳士も多かったと思われる。

【コロンブス級輸送艦】

戦力的評価
  • 地球連邦宇宙軍の主力輸送艦。
  • 陸のミデア級と共に、一年戦争を陰で支えた功労者である。
  • 非武装ながら4×2の大搭載力と、この時代の艦としては破格の移動力8を誇る。
  • 戦艦はMSの戦場タクシーと割り切れば、優秀な艦と言える。

紳士的評価
  • 愛称は『卵』。コロンブスだから。
  • Iフィールドとガンダニゥム、増設ハンガーで強化すれば後半まで使える。
  • が、それよりも紳士的には、艦砲射撃がどこから飛んでくるのかが気になる。
  • 亜空間転送説、月面マイクロウェーブ説など諸説あるが、個人的には『見えないところで変形してて、実はマ○ロスキャノン』を推したい。
  • ちっちゃくて大容量のその艦容が、ロリ巨乳っ娘を連想させナ、ナニヲスルキサマラ―

【サラミス級巡洋艦】

戦力的評価
  • 地球連邦軍の主力巡洋艦。マゼラン級と共に量産され、一年戦争を勝利に導いた。
  • 余裕のある設計でハッテン性があり、MS運用可能なタイプをはじめとして様々な派生形が生まれた。
  • そのハッテン性は、ビームシールドやミノクラを装備してザンスカール戦役まで使われるほどである。
  • しかし基本的にはやられメカとして描写され、微妙な火力と搭載数から使う者は少ない。

紳士的評価
  • WW2オタとしてはセンチネルの名あり艦が出てこなくてさびしい限りである。
  • 「メインエンジンに誘爆!クソッ艦の制御が利かneeeeeeeeeeeeeeee!!!」

ジオン再興編


【バーミンガム】

戦力的評価
  • 一年戦争後、大艦巨砲主義が色濃く残る地球連邦軍がその権威を示すために、バーミンガム級大型宇宙戦艦の1番艦として建造された。
  • 宇宙世紀0083年4月、ルナツー方面軍第2守備艦隊旗艦として進宙。同年11月、コンペイトウ宙域で開催された観艦式では観閲官グリーン・ワイアット大将を司令艦橋に迎え、同式典にて観閲旗艦を務めるも、式の最中にデラーズ・フリートの襲撃を受け、ガンダム試作2号機からの核攻撃の直撃により轟沈・蒸発した。
  • 本来はMS搭載能力を持たないのだが(ギレンの野望ではきちんと反映されている)、Gジェネではシリーズ通してMS搭載が可能となっている(魂では3×2)。
  • 大艦巨砲主義なだけあって、火力は非常に充実している。
  • デラーズ紛争後、この艦を元にドゴス・ギアが建造されたと言われている。

紳士的評価
  • 「大艦巨砲は男の夢!」
  • 3×2ではなく4×1であれば、使ったかもしれない。

次世代闘争編


【マザー・バンガード】

戦力的評価
  • ビームシールドを装備し、高い防御力を持つ。積載能力はそこそこ。
  • 帆船を模した独特の形状が最大の特徴である。
  • 異様なまでに前後に長い。そのため、突進力は非常に高いが、横っ腹から敵の艦砲射撃を受けることもしばしば。

紳士的評価
  • 通称「母板」。しょっちゅう航行不能に陥るこの艦を護るのが「クロスボーンガンダム」の主なミッションである。あと核祭り。

【輸送トレーラー カミオン】

戦力的評価
  • 単なるトレーラー。武装、積載量、装甲、機動力、いずれも見るべき部分はない。
  • 唯一の利点は小ささ。0083-2面の渓谷もやすやすと抜けることができる……が、そこまでする価値があるかどうか。

紳士的評価
  • 「Vガンダム」最強の敵。
  • カミオン、緑チベ(閃光の果てに最終面)、ガウンランド(Vガンダム2面)は魂の3強。

【クラップ級改修艦 リーンホースJr.】

戦力的評価
  • 火力、積載能力、機動力、防御力、どれをとってもトップランク。
  • 弱点はカタパルト位置と、生産リストに載せるために難関ステージの続く「Vガンダム」を攻略しなければならないこと。

紳士的評価
  • 撃沈イベントを見るために、「V」最終面で味方のマップ兵器を撃ち込まれること度々。
  • 小繭を一撃で落とせる火力があるため、戦艦繭狩りでのキャラ育成にしばしば利用される。

その他


【キャリーベース】

戦力的評価
  • 初期に手に入れられる程リーズナブルな値段の割に比較的能力が高いので終盤まで一線で使用する紳士も多い万能艦。
  • 能力的にはクラップ級とほぼ同等だが搭載数が4x2で値段も安いため、こちらの方が断然お得。

紳士的評価
  • 魂スレオリキャラ連中の永遠の母艦にして紳士達のアルカディア号。
  • 君が気に入ったならこの船に乗れ いつか無くした夢がここにだけ生きている。

【マディア】

戦力的評価
  • 見て解る通り連邦軍製の輸送機ミディアタイプのオリジナルカラー機である。
  • ミサイルランチャーを実装している点など若干の改良も為されているのだが、機動・移動力は減少しておりオリジナルに対して劣るとも勝らない印象である。
  • 装甲は薄く、迂闊に前に出ると敵機に墜とされる危険があるため戦闘は搭載機に依存するのが基本戦術となる。
  • ただ、撃破されても無償で補充を受けられるので安心して前線に・・・出すのは止めておこう。 そうしよう。
  • 搭載は最大4×3なのでその点は優秀。 連邦の生命線たるミディア級の面目躍如と言えよう。

紳士的評価
  • 「まあタダだし、キャリベ買うまでは使ってやんよ」
  • 「ガウだー!メガ粒子砲だー!にげろーー!!」

【メーインヘイム】

戦力的評価
  • オリジナル軍で使用される、ジオン軍の輸送船ヨーツンヘイム級の色違い。
  • と思いきや、機動・移動力が1ずつ上昇しサイズがMになっている以外は全ての能力がヨーツンヘイムよりも低下している。
  • 特に、OPで対応できるとは言え、搭載数が4×3から4×1になったのが痛い。
  • 要するにヨーツンヘイムよりも貧弱であり、迂闊に前に出ると敵機に墜とされる危険があるため戦闘は搭載機に依存するのが基本戦術となる。
  • 前方に(前方のみに)メガ粒子砲を撃てるとはいえ、ムサイやサラミスと撃ち合う事すら危険である。
  • ただ、撃破されても無償で補充を受けられるので安心して前線に・・・出すのは止めておこう。 そうしよう。

紳士的評価
  • 「まあタダだし、キャリベ買うまでは使ってやんよ」
  • 「盾になってくれるのがヨーツンヘイムしかいない・・・orz(IGLOOにて)」

【SCV-73 ブランリヴァル】

戦力的評価
  • 地球連邦軍所属のペガサス級強襲揚陸艦第5番艦。
  • 形状や色はホワイトベースによく似ているが、メガ粒子砲の配置が艦の上部となっている。
  • ジャブロー防衛戦では、停泊中に敵の攻撃を受け未完成のRX-78-6 マドロックを出撃させるも撃破され、艦自体も大破した。
  • その後、ア・バオア・クー戦に参戦。戦場を離脱してきた移民達が乗ったランチと護衛のジム2機を着艦させる。着艦というよりも、この2機は突っ込むようにデッキに進入したため、搭載機のG-3ガンダムに激突、同機は中破する(「GUNDAM THE RIDE」にて)。
  • 「ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079」のシナリオが無い為、最終面を除く全シナリオクリア時に生産可能となる。

紳士的評価
  • 「今更どうしろと・・・・・・?」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。