『孫子』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『孫子』


 春秋時代の中国、呉の国の思想家・孫武による著作。
 全十三篇からなり、その内容は開戦前のことから戦略・戦術の方法論まで様々である。


概要


 孫武の生きた春秋時代は、周囲の他国との緊張状態が続く不安定な世情であり、『孫子』の中にもその影響が色濃く表れている。それは、国家の存続を第一の目的とし、国家の安全保障を合理的に考え、戦争を国家にとって不可避の事柄だと捉えることから始まっている。
 戦争を合理的に考える時、味方の損害を少なくし、且つ最大の効果を得ることが必須である。例え戦争に勝利しても自国のダメージが大きければ、国内の疲弊・第三国からの侵略などによって、国家は存亡の危機に立たされる。
 それ故、「戦わずして勝つ」あるいは「勝って当たり前の状況を作る」ことが、『孫子』全体の根底にある。時に卑怯の謗りを受ける内容もあるが、それは戦争からロマンチシズムを排除し、徹底的に合理性を求めた結果である。


目次


計篇
作戦篇
謀攻篇
 戦争観を始め、開戦前にすべきことや心得について書かれている。

形篇
勢篇
虚実篇
 軍事行動に望む際、戦闘を優勢に進めるための軍の態勢作りが中心。集約すると「集団の勢により虚を突く」ということになる。

軍争篇
九変篇
行軍篇
地形篇
九地篇
 様々な状況における軍の運用法を中心に、色々な戦法について論及。
 主に指揮官である将軍の立場を中心に見た記述がなされている。

火攻篇
 前半は扱いが難しい火攻めの注意点。後半は戦後処理について等、全体の総括的な記述がされている。

用間篇
 『孫子』の根幹を成す、間諜の運用法。