Time Machine


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このソフトの特徴としては

Pandora's Batteryの機能を通じてメモリースティックから古いバージョンの公式ファームウェア・カスタムファームウェアの読み込みが出来る

という画期的なものです。このような機能を持つ物としてはBooster氏によるDevhookが記憶に新しいですが、異なる点としては対象のPSP

はPandora's Batteryの機能を利用しているため、独自のIPLで動作+内蔵Flashが壊れていても動作、つまりどんなバージョンのPSPであろ

うとメモリースティックから任意のファームウェアを動作出来る(公式ファームウェアであっても可能)という点で違うみたいです。



 さて動作可能なファームウェア・カスタムファームウェアですが、下記の通りとなっています。



 (1)PSP v1.50(PSP-1000のみ)

 (2)PSP v1.50+v3.40hw(PSP v3.40のモジュールを独自に読み込み。PSP-1000/PSP-2000の両方対応)

 (3)Custom Firmware 3.40Open Edition(PSP-1000のみ)

 (4)Custom Firmware 3.60M33(PSP-2000のみ)



となっております。かなり汎用性が高く、(2)については新型PSP-2000においてもPSP v1.50ライクなファームウェアが動作するとのことです。

●動作条件

 Time Machine自体はPandora's Batteryの機能を利用するため、対象のPSPはどんなファームウェアでも問わないようですが、ソフトの動作

とインストールには少し動作条件があるようです。



(1)NANDブートを行う場合はCFW 3.90M33-2以上が必要(PSP-2000の場合)

(2)Time Machineインストーラ動作にはCFW 2.71SE以上のカスタムファームウェア導入しているPSPが必要



●用意するもの

(1)Time Machineインストーラー(ミラーしました)

(2)CFW 2.71SE以上のカスタムファームウェアが導入された別のPSP-1000/PSP-2000

(3)Time Machineを動作させたいPSP-1000/PSP-2000


●導入手順

(1)上記リンクからTime Machine インストーラーをダウンロードし、解凍する。

(2)解凍して出来たフォルダ内にある「TIMEMACHINE」フォルダをms0:/PSP/GAME/以下にコピーする。

[ipl loaderのインストール]

色々なファームウェアを動作させるためにはipl loaderと呼ばれる独自のiplローダーをメモリースティックにインストールする必要が有ります。

これ無しには動作しないので、注意下さい。



(1)XMBから「Time Machine」を動作させる。

(2)Time Machineインストーラーが起動する。

(3)まずはメモリースティックにipl loaderを書き込むため、一番上の項目である「Install iplloader~」を×ボタンで選択する。

(4)すると書き込み終了した、と表示される 。

(5)ipl loaderはマルチなiplローダーであり、Booster氏のmultiple ipl loaderのように起動時に押しているボタンで読み込むIPLが

  決まってくる。このキー設定はms0:/TM/config.txtに自動的に作製され、デフォルトの設定値は下記の通り



 v1.50オリジナル - ×ボタン

 v1.50+3.40hw  - ○ボタン

 CFW3.40OE   - △ボタン

 CFW3.60M33  - □ボタン

 Pandora/DC1-4 ipl - Dパッド上ボタン

 その他         - 内蔵フラッシュから起動する

[IPLをTime Machineフォーマットに変換する]

 Time Machineでは様々なIPLを導入するために抜き出したIPLファイルを変換する必要が有るようです。まずはPandora's Batteryで作製

抜き出ししたmsipl.binを用意して、試してみたいと思います。



(1)変換したいIPLファイルを「msipl.bin」とリネームし、ms0:/msipl.binとしてコピーする(MMS作製の際に使用したmsipl.binで代用してみる)

(2)再度Time Machineを起動し、「Convert Pandora/DC1-4~」を×ボタンで選択する

[PSP v1.50+3.40hwをメモリースティックにインストールする]

 というわけでこれから漸く各ファームウェアの導入となります。今回はPSP-2000でもv1.50ライクなファームウェアが動作するとのことで、PSP

 v1.50のみの導入は後にして、どちらでも動作するv1.50+3.40hwを導入例として紹介してみたいと思います。



 用意する物が以前のアップデータとなりますが、一番やっかいなのがCFW 3.60M33から抜き出した360.PSARという特別なファイルが必要

な点ですね。現時点でCFW 3.60M33に戻すには、別のソフトが必要(CFW 3.71M33→CFW 3.60M33導入インストーラ)となります。今回は

動作するか現時点で判らない。



●用意する物

(1)PSP v1.50の公式アップデーターEBOOT.PBP

(2)PSP v3.40の公式アップデーターEBOOT.PBP

(4)360.PSAR(本来はCFW 3.60M33が導入されたPSP-2000から抜き出すが持ってない人はココをクリックしてDownload)

(1)公式アップデータv1.50/v3.40のEBOOT.PBPをそれぞれ「150.PBP」「340.PBP」とリネームし、メモリースティックのルートに置く

(2)CFW 3.60M33の導入されたPSP-2000を用意し、Time Machineと同梱されている3.60Dumperをms0:/PSP/GAME/以下に入れ、起動する

(3)起動し×ボタンを押すと360.PSARの作製にとりかかる。作製までにはちょっと時間が掛かるので、暫く待つ

(4)360.PSARがダンプされるとメモリースティックのルートに360.PSARファイルが作製されているはず

(5)抜き出した360.PSARファイルをipl loaderを書き込んだメモリースティックのルートに移す

(6)とりあえず上記で必要なファイル群は揃う

(7)再度Time Machine インストーラーをXMBから起動する

(8)今回はPSP v1.50+3.40hwをインストールするため、4項目「Install 1.50 with 3.40hw~」を×ボタンで選択する

(9)すると3ファイル(150.PBP/340.PBP/360.PSAR)の検査後に自動的に展開・インストールが始まるので、終了するまで暫く待つ

(10)以上で導入が完了する

[導入した各ファームウェアを動作させてみる]

 ここまでかなり作業をしなければなりませんが、全部終了後に漸く動作となります。



●用意する物

(1)Jigkick Battery

(2)ipl loaderの導入されたメモリースティック



●導入手順

(1)ipl loaderの導入されたメモリースティックをまず先に入れる

(2)次に動作させたいファームウェアに対応した起動ボタン(1.50+3.40hwなら○ボタン)を押しながら、Jigkick Batteryを入れる

(3)するとメモリースティックに導入されている各ファームウェアが起動し、動作を楽しむ事が出来る

(4)ちゃんとPSP v1.50となっている事がバージョン情報から分かる。