IThukkouMatome


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IT復興円卓会議 4/14 アジェンダ まとめ


まだ準備中


このページ
IT復興円卓会議 4/14 アジェンダ まとめ
http://www5.atwiki.jp/matsu/pages/27.html



とりあえず

  • @taromatsumura 松村太郎さんのつぶやきをまとめました

まもなくスタートする IT復興円卓会議、中村伊知哉さんがイントロダクション
を行っています。テキストで中継しつつ、論点整理をしていければと思います。 
#hukko
2011/4/13 18時頃

IT復興円卓会議、ウェブサイトは http://ithukko.com/ 、ニコ動 
http://l.ta6.me/gOdjbs 、 Ust http://l.ta6.me/hYJGPp 、ハッシュタグは 
#hukko です。
2011/4/13 18時頃
 
 
中村伊知哉「あれから1ヶ月。被災地では必死の活動が続いている。IT分野も復
旧作業が続いている。ただすぐに復興から建設へ向かわなければならない。今日
は、政治、経済、政府、NPO、言論の分野からお集まり頂いた。言い出しっぺと
して、進行役をします。」 #hukko
2011/4/13 18時頃


中村「今日は4点。ここまで、メディアはどうだったか、普及、これから10年間
何をすべきか、メディアのあり方の展望。被災地に行った人は会場の中で4割。
リアルな現状を見てきている。まずはここまでの総括。慶應大学の菊池さんから
プレゼン」 #hukko 2011/4/13 18時頃


菊池尚人「通信状況は固定移動ともつながらなかった。中継局被災でローカル局
も一次放送停止になった。災害報道はテレビ、ラジオ、すべての放送で実施され、
地震に関するツイートも非常に増えた中、広島の中学生がNHKをUst、その後各局
が再配信し、避難所情報などサイトが成立」 #hukko 2011/4/13 18時頃


菊池「翌日、翌々日は被災地・首都圏で福島原発の水素爆発、食料・水などが品
薄になった。通信は基地局のバッテリが切れ普通エリアが拡大。放送は引き続き
震災報道。ネットはヤシマ作戦などが展開。」 #hukko 2011/4/13 18時頃


菊池「翌週、CM枠が復帰し、ACのCMが大量に流れた。ネットは節電対策などが流
れるようになった。」 #hukko 2011/4/13 18時頃


佐々木俊尚「東京でソーシャルはどうだったか?利用できた=震災当日に自分や
家族、友人の安否確認、交通情報など半径数mの情報が取れた。使えなかった=
大きなニュースはデマが流れやすく信用できなかった、という総括だった」 
#hukko 2011/4/13 18時頃


佐々木「情報流通のためのソーシャルメディアはTwitter敷かない、というのが
問題。情報のオーソライズができるメディアが普及してこないと、情報インフラ
として難しいのではないか」 #hukko 2011/4/13 18時頃


佐々木「現地の支援をしているNPOに話を聞くと、驚くことに、Twitterで情報が
流れて確認すると、情報の増幅が見られた。役に立たなかったという話がある一
方で、訳だったのは、震災当日から数日間、現地から流れるTwitterの情報は茨
城、福島、宮城がほとんど。」 #hukko 2011/4/13 18時頃


佐々木「岩手の人たちが安全、もしくは被災地で情報途絶していると言うことが
分かり、そこに人や物資を集中させることができた。三陸でネットに使えない方々
がたくさんいる。東京のTwitter情報は伝わらないし、アナログの人たちに伝わ
らない。ここが重要な論点」 #hukko 2011/4/13 18時頃


中村「ソーシャルメディアは重要なテーマ。津田大介さんは遅れてこられるので、
そこでまた話をしたい。テレビ、ラジオはどうだったか?」 #hukko 2011/4/13 
18時頃


NHK鈴木祐司「被災地にいる人たちも含む日本全体でメディアがどうだったか。
被災当時多くの方々は外にいて、特徴的な使われ方だった。発生前はPCとケータ
イが中心。直後はNHKと民法が6割いたがPCとケータイの比率も高まっている」 
#hukko 2011/4/13 18時頃


鈴木「週末はテレビで全体の状況を見ようという方が多かった。我々の放送もネ
ット経由で流れていたが、マスではテレビ。2週間後、時間がたつとともに、詳
細な情報を求めてネットの比率が高まった。ポータル経由、あるいはソーシャル
メディア経由の比率が高まったのがここ10年の変化」 #hukko 2011/4/13 18時頃


鈴木「情報そのものがマスメディアに集まっていて、ここから多用な流れ方をす
ればもっと便利になるのではないか。」 #hukko 2011/4/13 18時頃


TBS井川泉「緊急地震速報はローカルで出るが、その瞬間CSは特番に入り、地上
波も特番に。震災関連は2週間で205時間45分放送した。17日午前5時まで特番体
制、それ以降もニュースを流した。CSも地上波より先に特番体制。CS→地上波の
サイマルも行った」 #hukko 2011/4/13 18時頃


井川「Ustreamでの再配信も行った。どんなカタチでも放送を伝えるべきだ、と
いうことで踏み切った。被災地の状況の取材の結果も、ネットに出して消息情報
がつかめるようにした。人と人をつなぐことに留意して報道してきた。」 
#hukko 2011/4/13 18時頃


NTV田村和人「緊急地震速報、ワンセグ早くだった。画面作りとしてL字画面にし
たが、これは各局で作っていて、被災地への情報として有効だった。また地デジ
のデータ放送も各局制作。各放送局がテキスト入力で情報を伝えられた。この10
年間で変わったことはこういった点」 #hukko 2011/4/13 18時頃


フジテレビ福原伸治「テレビとネットの関係が変わった。ニコ動で報道特別番組
を流したが、ニワンゴ杉本さんにお願いした。コメントについてもONにした。現
場発信で変えていった。その後社内的にもネットとやるのは面白い、ということ
になり、今後変化のきっかけに。」 #hukko 2011/4/13 18時頃


福原「取材過程で安否情報を伝えるため、切り取ってメッセージをネットに載せ、
情報番組に載せる、というやり方にした。体質もあったのかも知れないが、今ま
で考えられなかったネットとテレビの関係ができた」 #hukko 2011/4/13 18時頃


中村「今日もニコ動とUstが活躍しているが、どう見ているか?」 #hukko 
2011/4/13 18時頃


ニワンゴ杉本「震災当日から許諾を頂いてテレビを再配信している。NHK総合、
フジが3月11日から。NHK Worldは14日?25日まで。TBSニュースバード、茨城放
送、東北放送などそれぞれ配信させて頂いた。いろいろなソースが合ってこその
ソーシャル構築」 #hukko 2011/4/13 19時頃


杉本「そのほか、東京電力、原子力安全保安員、鑑定、各種大臣の会見もすべて
フルで中継し320を超えている。テレビ+会見のソース、先週から現地入りをし
て現地からのレポートを行っている。また討論系も含め30番組。大いに議論し、
情報の把握と整理をして頂くことに心がけた」 #hukko 2011/4/13 19時頃


Ust中川「地震の発生後、3時3分から中学生によるNHKの海賊配信が始まった。通
常、再配信はセンターで殺すのだが、今回は独断で、まずNHKに問い合わせた。
同時接続が数万になっていたので公式にやってもらいたい、とお願いした。裏で
NHK経営陣の同意も取り、再配信を許可」 #hukko 2011/4/13 19時頃


中川「3月11日中に他チャンネルも再配信。私宛にTwitterで、マス情報が当初必
要だが、局所的に被災地の情報が必要で、そこに力を入れて欲しい、という意見。
地方局にお声がけをし、栃木、茨城、岩手のテレビラジオの情報も出るようにな
った」 #hukko 2011/4/13 19時頃


中川「2週間でまとめたデータでは、Ust総師長回数は3月11日から2週間、6800万
回、視聴人数は13チャンネルのユニーク数の合計4200万。コメント数は2週間で
100万回だった」 #hukko 2011/4/13 19時頃


電通関西三浦「私も阪神の被災者。1つは情報、1つは音楽で癒された、というの
がラジオの機能。Radicoはエリア制限を解除。関西の放送局に普段のリクエスト
の4?5倍が集まり、ラジオの機能は大きかった」 #hukko 2011/4/13 19時頃


三浦「通信各社にお願いしたいのは避難所や仮設住宅にWi-Fiを整備し、タブレ
ットなども配布して、情報の充実を」 #hukko 2011/4/13 19時頃


野村総研・村上「阪神のボランティア活動が印象的だったが、今回はプロボノ活
動が重要だった。sinsai.info、助け合いジャパン、原発関連は重要だった。ま
た放射線情報、寄付サイト、佐々木俊尚氏の震災情報のキュレーションなど。」 
#hukko 2011/4/13 19時頃


村上「文部科学省の放射線量の定期発信で国民が個人としてリスクを判断できる
環境が創発された。またホンダの自動車、通行実績マップは復旧情報を明らかに
した。また現地からの経験の発信を直接見られた。またTwitterのデマ情報を
Google出突き止められるという記事も」 #hukko 2011/4/13 19時頃


中村「次のテーマは復旧。今何をすべきか。被災地からのご意見を。」 #hukko 
2011/4/13 19時頃


いわきテレワークセンター 会田和子「いわきは地震に強い街というイメージだ
ったが、今回の地震は誰も想像していなかった。東京の企業のバックオフィスを、
と提案してきた。今回は津波、原発、風評被害、物流停止、農産物出荷停止、水
産業もずいぶんやられた」 #hukko 2011/4/13 19時頃


会田「原発30km圏内に入っているのではないか、と思われていますが、放射線は
未だ入ってきていない。しかし30km、80kmから待避して欲しいという報道もあっ
た。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


会田「震災発生時、まず社員の安全確認と業務継続を考えていたが、1週間安否
確認に取られたが幸い無事だった。業務再開可能かと思われたが、放射線量の問
題で在宅ワークも圏外に避難し、働き手がいなくなってしまった。オフィスが安
全かどうか私が証明しなければならなくなった」 #hukko 2011/4/13 19時頃


会田「Twitter、Facebook、テレビもあったが、実際は信用できない、という状
況だった。やはり人だ、と。普段からお世話になっている方々にご意見をもらっ
た。やはり鬱のような状況に陥っていると考えて頂きたい。1週間後はできても1
年後、10年後まで考えられない」 #hukko 2011/4/13 19時頃


会田「4月11日の震度6がなければ、かなり元気に思っていたが、ここでまたくじ
けた。うちの市長もくじけて停滞ムード。人としてしょうがないんじゃないか、
と思っている」 #hukko 2011/4/13 19時頃


中村「資料はウェブサイトにアップしている。横手市、NPO Yokotter理事長の細
谷さん」 #hukko 2011/4/13 19時頃


細谷「横手市は人口10万人、少子高齢化先進地域。収入が少なく、パケホーダイ
も厳しい、PC所持も困難。農業中心の街だが雪害で大打撃を行っている。30年後、
秋田の人口は30%減ると見られている。100年後に、何を残したいのか、と考え
NPOを立ち上げた」 #hukko 2011/4/13 19時頃


細谷「Twitterで町おこしをしている。 #yokote は共感を軸とした小社会を形成
しつつある。共感と多様性を要する社会になっていくのではないか。全国の街が
皮を流して共有していくことが理想」 #hukko 2011/4/13 19時頃


細谷「震災時の横手市。市民の要望で携帯充電設備設置、行政・ラジオ・
Twitterが連携。横手情報発信が安否情報の補助に。道路情報の提供も行った。
リアルにつながった狭い場だからこそ、自分の発言に責任を負いながら情報を受
信選択し、発信もする。ローカルメディア=場。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


細谷「役に立たなかった物=停電で無線LAN、テレビ、電話、メール、PC、
Twitterなど。未来に向けて=地方でのWiMAXなどの高速回線、スマートフォンで
完結するクラウドベースのサービス、個人に責任が課せられることへの理解、
ICT教育、近所づきあいの復活を。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


菊池「通信の復旧状況。3月11日の基地局停波から、4月7日までに無線、固定と
もに9割の復旧。放送は東北六県の半数の中継局が停電のため停波、7%の世帯に
影響。受信側の共同アンテナの損壊などが続出。地デジ完全移行を岩手、宮城、
福島で延期」 #hukko 2011/4/13 19時頃


総務省・谷脇「まずは無線端末機器を現地に送ることにした。前年度の残り予算
17億円を集め、全体で1600台送った。衛星携帯電話は全体で1160台以上、有効に
機能している。ラジオも有効。総務省、メーカーも現地に送っている。衛星イン
ターネットでの活用もしている」 #hukko 2011/4/13 19時頃


谷脇「被災地の地デジ対策、無線も足りていないため、23年度予算を振り替えて
おり、補正予算も組む。地方自治体のイントラネット復旧も補正で。ただ被災地
の状況把握ができていない。もう一度復興できるのか、という確認もする。最も
地域のニーズにあった予算を考えていく」 #hukko 2011/4/13 19時頃


民主党・藤末「立法府では補正予算。もう一つは大きなビジョンで復旧から復興、
新生をどうするか、という議論はこれから。個人的に自民・民主で勉強会を作り、
管首相に提案していく」 #hukko 2011/4/13 19時頃


民主党・高井「これまでの間、情報がうまく伝わらなかった。最初から「たすけ
あいジャパン」などを整備しておく必要を感じた。政府として、きちんと作って
おいて、いつでも立ち上げられるようにしておくことが大切だと思った」 
#hukko 2011/4/13 19時頃


中村「打撃を受けた通信業界は必死の復旧を行っている。4月1日に各社の代表が
入社式でメッセージ。ドコモ山田社長は「インフラ復旧を」、KDDI田中社長「イ
ンフラが途絶えたことが悔しい」、SB孫「技術だけじゃない被災地支援を」と語
った」 #hukko 2011/4/13 19時頃


ソフトバンク 嶋「衛生基地局と発電機をワンセットにしてセットするように、
ネットワーク本部以外の社員も入れて活動している。避難所の生の声が届いてい
て、波の状況じゃない。民間、政治、行政も一緒にすべき、と考え孫とともに官
邸に行った。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


嶋「官邸では、西日本で避難民を受け入れようといったりした。避難民の方と我々
の思いのズレも明らかになってきた。避難民は近いところに非難したい、という
声を宮城県知事から聞いた。心と心をつなぐネットワークインフラにしなければ
ならないとつくづく思った」 #hukko 2011/4/13 19時頃


嶋「埼玉県に非難している双葉町があるが、古い高校に避難している。また次の
ところに移転することを考えているが、町長の懸念は市民がバラバラになること。
行政情報も届かなくなってしまう。それをつなぐための具体策として電子回覧板
をやろうかと考えている。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


嶋「どこに行ってもふるさととつながる。新しい電子行政の姿かも知れない。イ
ンフラとして心と心のケアにも力を入れたい」 #hukko 2011/4/13 19時頃


伊藤「学びは3つ。クラウドが新サービスの立ち上げ、拡張などに有効である点。
村上さんが触れた文科省のモニタリングサイトはMSがサポートして1日でできた。
被災地を離れて生活する方の支援もできる。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


伊藤「2点目。被災者、支援者もITリテラシーにばらつきがあり、ITができる人
への負担が集中しないような教育が必要になっている。」 #hukko 2011/4/13 19
時頃


伊藤「3つ目は、被災地のIT企業に中心となった現地のICTの確立。雇用の面でも
重要。電気の問題。在宅勤務などの働き方の見直しなども可能になるが、抜本的
な対策が必要になる」 #hukko 2011/4/13 19時頃


アマゾン 渡辺「ITネイティブとハイブリッドな話と事例を紹介。地震以降、支
援サイトをクラウドでサポートさせて頂いた。短期の話だが、復興、新生に向け
てクラウドの活用は当然あると思う。Eコマースの会社なので、音楽や壁紙の購
入費用を義援金にするグローバルな活動を行う」 #hukko 2011/4/13 19時頃


渡辺「泥臭い話とITの融合。支援物資の需給ギャップがある。現地と電話で確認
し、欲しいモノリストを作り、全国の方から支援を受ける。先ほどチェーンソー
が届いた、という写真が届いたが、こういう活動が必要になる」 #hukko 
2011/4/13 19時頃


さとなお「集まった情報はAPIで公開している。ボランティア100人が集まり制作・
運用。提供先はYahoo、goo、sinsai.infoなど。政府・省庁が出している情報が
分かりにくいため、それをまとめてRSS化。ケータイ、翻訳、など100名体制」 
#hukko 2011/4/13 19時頃


さとなお「震災の翌日に政府筋に提案して作った。阪神の反省から立ち上げたた
め、都市の中の物資ニーズを解決しようと思っていたが、広域災害で情報が入っ
てこないという事態に直面。今は情報を取りに行くことに注力」 #hukko 
2011/4/13 19時頃


さとなお「被災者はネットを使っておらず、機材なども活用していなかった。こ
れを整備することなどが反省点。ソーシャルメディアでみんなが当事者意識を持
てた点が重要。また現地物産の予約購入などのEC活用、ブランド復興のIT利用な
どを考えている」 #hukko 2011/4/13 19時頃


さとなお「今後のテーマとして、初動を早くする。海外緊急対応サイトなどを持
ち、リテラシーの啓蒙活動などを継続させていかなければならない」 #hukko 
2011/4/13 19時頃


多摩大学 会津「それぞれの方が、自分の主体でベストエフォートをしていて、
これが連携に向かっているのが現状。しかしそれで十分か?というのが問題。ズ
レがあるのは仕方ないのだが、縮める努力をしなければベストにはならない。」 
#hukko 2011/4/13 19時頃


会津「こちらから何かするのはよいが、被災地が主体。こちらはお手伝いする側
であって、そういう体制ができていない。我々の中で呼びかけてプロボノプラッ
トホームを作り、誰がどう使っているのか分からない。検証していない。相手の
役に立っているのかを検証する仕組みを」 #hukko 2011/4/13 19時頃


会津「前へ進めるために、検証・反省の仕組みを作る。被災地に行ってない方は、
現地に行って、立ちすくんでみることが大切。ICTであれもこれもできず、課題
が増している状況。やることはやるつもりなので誤解のなきよう。ただ基礎を固
めていかなければならない。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


中村「前半終了。後半はこれからの10年、これからの日本をどうしていくか。
2011年は地デジとブロードバンドの全国整備が目され、スマートフォン、ソーシ
ャルサービスが普及する。その中でどのように変化していくか。菊池さんから問
題提起」 #hukko 2011/4/13 19時頃


慶應大学 菊池「ミックスがテーマ。分散+コントロール、マス+ソーシャル、
ユニバーサル+リテラシーの向上が必要で、政官財すべてが連携することが必要
だし、地域構想の策定とフォローアップが必要。施設や設備の復旧への特別減税、
規制を改める、ICT特区など」 #hukko 2011/4/13 19時頃


菊池「コンパクトシティ、スマートなどがテーマだが縮小だけではなく、プロダ
クティブも必要なんじゃないか」 #hukko 2011/4/13 19時頃


民主党 藤末「復興ではなく新生。被災者の方々を主導に。現在は役所ごとに地
方に予算を落とそうとしているが他年度で地域の方々がやれるようにする。また
規制の問題も。ICTでやりたいのは遠隔医療、教育。今日本がやりたくてもでき
ない物を被災地で新たに目指したい。」 #hukko 2011/4/13 19時頃


藤末「カリフォルニアの地震では、サンタクララで絵本チックなビジョンを作っ
た。そういう物を作れれば、と思っている」 #hukko 2011/4/13 19時頃


高井「世界に誇れるモデルをやっていきたいので、ぜひ英知を集めて頂きたい」 
#hukko 2011/4/13 19時頃


民主党 小西「ICTを活用した復興プランは特区と規制改革。特区は総合特区法案
を国会に出した。現在でも画期的。地域の条例で省令をひっくり返せる。驚天動
地で政治主導を実現できるようにする。成長戦略特区だったが、震災を踏まえて、
震災復興特区も。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


小西「規制改革は、震災からの復興に役立つ規制改革を考えている。被災地域を
ITで復興させるという点だが、地域の特性に応じてICTの活用方法を考えていく
必要がある。どんな社会資本があるのか、あるいは世界的に豊かな海洋資源を持
っており、ビジネスモデルを作るなど検討すべき」 #hukko 2011/4/13 20時頃


総務省 谷脇「復興まで議論がいっていない。被災地の復興が第一のテーマだが、
そのために日本の体力を失ってはならない。日本経済全体をどうしていこうか、
そのときICTをどうすればいいか考える。東北地方のエレクトロニック系の向上
が被害を受け、ICT産業の空洞化は対策が必要」 #hukko 2011/4/13 20時頃


谷脇「やるべきメニューは新しいわけではない。電子行政、クラウド、スマート
グリッド、テレワークなど、やることは決まっていて、四の五の言わずに素早く
やることが重要。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


NPO法人 CANAVAS 石戸「デジタルサイネージが今後どうすべきかという議論が始
まっている。東京電力からの節電要望で災害情報以外のサイネージの消灯の要請
があった。本来は違う役割があるのではないか、と議論を進めている。こういう
状況だからこそのネットの情報を流す等」 #hukko 2011/4/13 20時頃


石戸「公共的なシステムを設置していくべき。教育に関して、被災地では63万冊
の教科書が流され、指導要領も流された。クラウド化しておくべきだった。都内
の子供達が情報の得方について分からなかった、という意見があった。情報リテ
ラシーの教育面で力を入れていくべき」 #hukko 2011/4/13 20時頃


石戸「学校が防災拠点になった。当面はインフラ復旧、子供達の心のケアが最優
先だが、学校の情報化、地域のつながりの強化を通じて、防災体制を強めていく。
教育分野でのICT活用も重要なテーマとして挙げて頂きたい」 #hukko 2011/4/13 
20時頃


池田信夫「現状ITそれほど優先順位が高いわけではない。電力などでマクロ経済
に打撃。またエネルギー供給体制を中長期で考えていくべき。発電と送電の分離
といった議論も、役所では進んでいる。通信業界ではNTTの上下分離とほとんど
同じ話。知恵を貸せるのではないか」 #hukko 2011/4/13 20時頃


SB 嶋「まず生存条件を固めなければ。岩手の津波は明治に2万人以上がなくなっ
たが昭和では2000人、チリ地震で100人、しかし今回被害が広がった。東南海の
対策をどうするか、等考えて欲しい。また教育の話だが岩手だけで4万人が非難。
電子化が重要になる」 #hukko 2011/4/13 20時頃


嶋「こういうときこそ教育でありITが重要。電子教科書でネットワークをつなぐ
カタチで、人が離れてもつながるカタチを、ぜひお願いしたいと思います」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


NTTcomの方「東北の自治体の方々はデータセンターなどに力を注いで下さってい
た。今回の震災でインフラが西に流れてしまった。東北に再びデータセンターが
流れるような仕掛けが必要。また自治体クラウド、社会保障などのIT化が政策的
に必要。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


会津「仙台市の課長からメールが来ている。心の傷が簡単に使われるが、大きす
ぎて受け止めきれない状況だとご理解頂きたい。新しい発想で考えていかなけれ
ばならない。元に戻す復興では、東北は衰退するし、日本も衰退する。東北が日
本を生まれ変わらせるというアピールが必要」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木俊尚「そもそも、復興をどうするか、というデザインがよく分かっていな
い。今回の会議の問題は復興のグランドデザインにICTをどうかませるか、とい
う議論。今までできなかった遠隔医療をやりましょう、というのは素晴らしいが、
なぜできていなかったのか。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木「聞こえはいいが、今まで全然できてなかった原因を考えるべき。慣習、
枠組み、法律が障害だった。これを突破するスキームを持っているのか?」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


藤末「新しい日本の未来の生活を作るんだ、という大きなテーマを出すべき。例
えば医師会の説得。被災地では医者は足りない。緊急でも遠隔医療をやってみせ
るべき。救急車は半分遠隔医療ができる。そういうことでトライしていきたい。」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木「日本には山のように慣習や法律がある。できれば被災地全体を特区にし
て推し進めて欲しい。実証実験やってIT産業を設けさせる構造にしても何も進ま
ない。スキームを全部ひっくり返して欲しい」 #hukko 2011/4/13 20時頃


藤末「ICTは利便性に加えて雇用。5年間余震がある中で向上は余震に絶えられな
い。そこでアプリケーションによるビジネスを作っていくなど、それを含んで
ICTを考えていきたい。お願いしたいのは役所だけでは知恵が出ない。様々な方々
が大学の場などで出してもらい実現していく」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木「復興のグランドデザインに若い人を入れて下さい。お年寄りはいらない。」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


高井「国の法律は地域の条例でひっくり返せない。一定の手続きで地域の個別の
事情で対処できるはず。そうした制度を作るべきかもしれない。ぜひ皆さんも応
援団になって頂きたい。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


中村「今日が議論のスタート。政治、政府の対応が始まるのだが、この場で結論
は出ないと思うが、ITは復興に大切でそれを進める上で連携が大切。新生、医療
や教育などの利用に向けてコンセンサスが必要。さて、最後のテーマ。メディア
の展望について」 #hukko 2011/4/13 20時頃


会田「原発問題で思うのだが、やむを得ずふるさとを捨てている状況。できれば
元に戻りたいと考えている。今こそITは大切。阪神の際、復興に20年かけてきて
いる。関西のビジネスが上手い地域ですら難しい。被災地では仕事どうしよう、
自分でやるのかというニーズは出てこない」 #hukko 2011/4/13 20時頃


会田「休業補償について、企業に勤めている人以外の個人の人たちにも。仕事や
街の復興にもITが生きると思う。海外から放射線で誰も来なくなる事態を共有で
きるか。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


D4DR 藤元「失墜した日本ブランドをどうやって復活させるか。TBSは支局を現地
に作り、毎日発信している。海外に安全安心をどうアピールするか。例えばアワ
ビやフカヒレはキャッチーな特産物。徹底的にアワビチャンネル、フカヒレチャ
ンネルを作って海外に売り込んではどうか」 #hukko 2011/4/13 20時頃


中村「Twitterでもジャパンブランドの復活を、という声が多い」 #hukko 
2011/4/13 20時頃


堀「現地の方々にITがどういうサポートできるか。マイクロマッチング、という
のがある。情報、人、物資のマッチングが有効に作用した。ファンド、寄付など
の寄り細かいマッチングができるプラットホームが必要になってくるのではない
か。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


講談社・北本「当初からTwitterを見ていたが、情報が一元化されていくのは怖
いことだと感じた。テレビ、新聞の報道内容に心理的な疑問が上がってきた。
Twitterは当初かなり機能していたが、途中からデマが出て風評被害が出て、外
圧的になっていた」 #hukko 2011/4/13 20時頃


北本「個人の情報発信の難しさを感じたが、記者クラブ的なメディアではないメ
ディアの形成について聞いてみたい。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木俊尚「今回のマスメディアの最大の問題は、速報性や情報を投げる役割を
果たしたが、日本のセグメンテーションが進んでいる現状。大阪のラジオを聞い
ていたら腹が立った。当事者意識が全くないから。しかしそういう思いはいわき
の方が東京に持っているだろう。温度差がたくさん」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木「マスメディア的なものの再構築が最も必要。今の新聞やテレビが担うか
どうかは分からない。しかし今のメディア空間ではダメだ、と多くの人が気付き
始めた。電波、通信などがある。様々なメディアを使って人に情報が届く、その
人に的確な情報が届く、そういう基盤が必要」 #hukko 2011/4/13 20時頃


佐々木「そんな物は世界中、ない。米国ではマスとソーシャルの融合モデルが普
及し、伸びている。ソーシャルとマスの融合、連携し、セグメンテーション化さ
れた人たちに情報を届ける手段ができれば、と思っている」 #hukko 2011/4/13 
20時頃


村上「野村総研でネット調査をした。信頼性が上昇した物はNHK。第二位がポー
タル、第三位がソーシャルの個人発信。下降したのは第一位が行政、第二位がマ
スメディア、第三位がソーシャル。マスとソーシャルの対峙ではない。ソーシャ
ルがここに出てくるというのも驚いた」 #hukko 2011/4/13 20時頃


村上「ネットとマスメディアは融合ではなく、おのおのが切磋琢磨するときじゃ
ないか。ソーシャルメディアでの信頼性はどう発揮できるのか、真剣に考えなけ
ればならない。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


ウェザーニュース 石橋「情報の一元化の議論だが、今回の被害はほとんど津波。
ここでメディアの役割を考えるべき。津波が来た場所と来てない場所では天と地
の差がある。情報がちゃんと伝われば誰ひとり死なない災害。これを防災という
観点では防ぎようがない。減災という考え方が必要」 #hukko 2011/4/13 20時頃


石橋「津波はグローバル化された日本語。日本が最も津波に強い、こんなにメデ
ィアが逃げることを助けるか、しっかりプランニングして、ようやく復興、とい
う世界だと思う。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


会津「マスメディアでは必ずしもできないがある程度の手法を使ってコンパクト
に情報をまとめて動ける、こういう動きの応用ができないか、と考えている」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


中村「議論はこれから。今日の議論で結論が出るわけでもなく、この場に何の権
限もない。放談に終わらせず、何らかのメッセージが出せれば、と思う。日本の
復興にはITの整備、利用が大事だ、ということと3つのコンセンサス。」 #hukko 
2011/4/13 20時頃


中村「政官財学の連携。国会、政府、自治体、学会などが連携して総力を挙げる」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


中村「被災地の復旧からITの仕組みを新生し、全国に渡る新しいITのシステムを
作っていこう」 #hukko 2011/4/13 20時頃


中村「IT利用の促進。情報格差の是正、公共分野での利用の促進、情報リテラシ
ー教育の強化を図ること。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


藤末「明日総務大臣とディスカッションをするのできちんと伝えたい。」 
#hukko 2011/4/13 20時頃


きとう「東京で被災したとき、ケータイでメールをして田が電池がなくなり電話
ができなかった。今のこの話はネットワークがあって電源がある前提での話をし
ている。実際に被災するなり起きたときはすべて落ちる。これに対して、基本的
な部分をどうするか?」 #hukko 2011/4/13 20時頃


杉本「ITから入れば今までの日本のやり方と同じで間違っている。復興のグラン
ドデザインはアナログ。これに対して何ができるか、ITが使える、という文脈を
作らなければならない。」 #hukko 2011/4/13 20時頃


中村「これから長い道のり。復旧、復興にむけて、必要であればこういう場を設
ける。あるいは検証の場を作りたい。」 #hukko 2011/4/13 20時頃

以上、IT復興円卓会議終了しました。 #hukko 2011/4/13 20時頃


関連