電脳戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『~ink~』発ラジオ小説(作成中)


前置き

登場キャラ
電脳戦士(伊集院、ふかわ、塚地、劇団ひとり、ゲソ)、傍観者、宇宙人、ヒロイン

伊集院:敵役担当。
ふかわ、塚地、劇団ひとり:性格、個性は未設定
ゲソさん:足マウスを特技とする電脳戦士。製作側から死亡する事を前提として登場。性格、個性は未設定
傍観者:客観的視点を担当。話の内容には直接は関わらないが、電脳戦士と操るキャラクターへ興味を示す。
宇宙人:ブルブルたこかいな
ヒロインはメイド喫茶店員(今の所出番無し)

伏線的なもの
電脳戦士が全員眼鏡じゃなく、1人か2人。
眼鏡かけた人の視点の時にだけスカウター効果(説明はしない)
プラグは首についてる(USB)

序盤の献血ルームは中盤で再度登場し、その時初めてストーリーを理解する


あらすじ


傍観者が献血ルームへ行く場所から始まる。
献血後、倒れてしまう。
目を覚まし、献血ルームから出ると、電脳戦士と操るキャラクターに遭遇。
周囲の人がキャラクターに気付いてない事を知る。



本編

秋葉系の5人が集まっている。目的はパーツ屋巡りとメイド喫茶。
UFOが現れ5人を連れ去る
宇宙人は5人の首の後ろにプラグを付け、地球の生活を探ろうとする。
特に有益な情報を得られなかったので、そのまま地球へと戻す。
5人は各々に付けられたプラグを見つけ、戸惑いながらも仕様用途を模索する。
プラグを使って?(この辺りは詳しく決まってない)自分達で操れるキャラクターを作ろうとする。

5人はキャラクターを作成し、街中へと連れ出す。
キャラクターは自分達以外には見えないが、物へ触れる事は可能。(叩く、持ち上げるなど?

5人はだんだんとプラグを持つ事を特別な事と思い出す。
言い争いの結果、伊集院は「プラグを持つのは自分だけでいい」と試作したキャラクターを連れ仲間のもとを離れる。



前回のまとめはこちらで一時保存してます。



----- 以下 広告 -----------------------
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
radio by ねとらじ


radio by Stickam
Go To her Stickam!

メニュー


ゆっくり見てってね(AA略)
 トップページ

僕らの足跡
 放送履歴

言葉や人物など
 番組関連用語集

リスナーから見たDJ
 DJ紹介文

リスナーの名レス!!
 名レス倉庫

みんなで作るラジオ小説!!
 電脳戦士 作成中


道草場所


当DJの声日記
 りょちの声日記。

コトバ遊び
 コトノハひらり

らくがき
 放課後の黒板


ツール関連


快適な環境を作ろう
 視聴用ツール

視聴時に必要になったら
 専用うpろだ

ケータイの画像なら
 イメぴた






WIKI編集関連