山田耕筰


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山田耕筰 Kôsçak Yamada (1886-1965)


<参考文献>
  • 秋岡陽「山田耕筰《御大典奉祝前奏曲》原典研究 : スコア復元作業を通して見えてくるもの」『フェリス女学院大学音楽学部紀要 7』,pp.27-39,20050324(ISSN 13410601) (フェリス女学院大学)
  • 秋岡陽「山田耕筰と日本の初期オーケストラ運動(1)」『フェリス女学院大学音楽学部紀要 2』,pp.70-90,19970300(ISSN 13410601) (フェリス女学院大学)
  • 秋岡陽(1996)「山田耕筰とアメリカ」(松下鈞編『異文化交流と近代化―京都国際セミナー1996』pp.69-75,大空社、1998年)
  • 小松礼子(2008)「山田耕筰作曲「わが家の歌」(K23,R64)について--国民歌謡からラジオ歌謡へ[含 楽譜、出版楽譜目録]」(『ラジオ歌謡研究 (2)』, pp.40-53』)
  • 田鎖大志郎「山田耕筰『幽韻』に於ける音楽語法について」『横浜国立大学教育人間科学部紀要. I, 教育科学 8』,pp.131-157,20060228(ISSN 13444611) (横浜国立大学教育人間科学部 編/横浜国立大学教育人間科学部/横浜国立大学)
  • 花岡千春「洋楽導入期から第2次大戦までの日本のピアノ曲について(I) : 幸田延, 瀧廉太郎, 山田耕筰, 信時潔の作品とその周辺について」『音楽研究 : 大学院研究年報 18』pp.1-21,20060000(ISSN 02894807) (国立音楽大学)
  • 平沢信康「初期文化学院における舞踏教育実践について - 山田耕筰による「舞踏誌」の試み -」『学術研究紀要 34』,pp.9-29,20060329(ISSN 13426613) (鹿屋体育大学 〔編〕/鹿屋体育大学/鹿屋体育大学)
  • 渕眞吉『楽聖 山田耕筰を囲む人びと』(赤とんぼの会、1996年)
  • 諸井三郎「山田耕筰と日本の作曲」『中央公論 80(9)』,????,1965/09(ISSN 05296838) (中央公論新社)
  • 山田耕筰『自伝/若き日の狂詩曲 はるかなり青春のしらべ』(かのう書房、1988年)