※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

裏技紹介コーナー
ここではちょっと上級な裏技を紹介していきます。

コンテンツ






wmvコーデック攻略

  • WMV3.AVI なファイルをなんとかして Mac で再生する方法(VLC使う)だったが、Flip4Mac やWMVServer使えば大体は再生できる。VLC の方法は別ページで。↑のタイトルをクリック。



WebにあるWMV,MOVを落とす方法(キャッシュを取り出す)


もしくは
  • キャッシュファイルを取り出す。
Finderの「移動メニュー」>「フォルダへ移動...」で「/private/tmp/501」と入力、その階層に「TemporaryItems」というフォルダが表示される。
註)「501」の部分はユーザの環境によって異なる場合がある。ディレクトリが見つからなかったら、1つ上の「/tmp」まで移動してたどる。
wmv?動画の場合、視聴時このフォルダの中に、「Windows Media Player
Temp」というフォルダが作成され、中にtxtファイルと白紙アイコンの
ファイルが作成される(はず)。
白紙アイコンがムービーの実体で、再生が終わったら、
プレーヤーを終了しないでこのファイルをデスクトップ等に移動する。
このファイルに「.wmv」の拡張子を付ければ再生可能。

QTも同様に「TemporaryItems」の直下の「QTPlugin Temp〜」を取り出して 「.mov」を付ければOK。(中には再生できないものもある)
iTMSのムービーのキャッシュも確かココ。

注)QTはシステム環境設定(QuickTime 環境設定)で、「ディスクキャッシュに保存する」にチェックをすること。
wmvのキャッシュはプレーヤーを終了すると自動的に消滅するので、ファイルを移動してから終了させる。「asf」や「asx」では無理。




QuickTime Player - MP4 化について