※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後編

 嗚海のお母さんが予想した通り、嗚海は親と医師の話を聞いていた。嗚海は後悔をしたくないが為に、学校へ走って行った。いつ自分が死ぬかわからないというのに…。
 校門まで行くと、クラスの人が帰って行くところだった。

 「あ、飯田さん!」
 「あれ?岬さんじゃない、どうしたの?」

 嗚海はそこにいた一人を呼び止めると、東也がどこにいるかたずねた。

 「東也君…?どこに行ったけなあ…たしか…」
 「東也なら用事あるっつって裏玄関行ったぜ」

 そう言ったのは、東也と仲の良い「秋野」だった。

 「秋野、ありがとう!飯田さんも、ありがとう!」

 嗚海はそう言うと、全速力で裏玄関まで行った。

―言わなきゃ…東也に、、、病気の事・・・・それに・・・・・・この気持ちも・・・・・

 裏玄関まで行く細い道を歩いていると、あと一つ角を曲がるだけという所で、誰かの話声が聞こえた。嗚海は角を曲がらず、そこから除いて見た。そこには東也と三崎がいた。

―…三崎さん…?

 立ち聞きは趣味じゃないが、嗚海はそこで耳をすました。

 「あの、私…わたし…と、東也君が、、、、好きです!!!」

 嗚海は目を見開いた。こんなに早く事が進むとは思ってもみなかった。

 「え…?俺の事を…?間違いでなくて?」
 「間違いなんかじゃない!私は東也君が好きです!つきあって…くれますか・・・・・・?」

 三崎の目は必死だった。そして、本気だという事が、東也に、そして、嗚海にも伝わった。

 「俺なんかで…よければ…」

―え?

 ポツッ ポツッ・・・・ザアアアアーーーーーーーーーーーー
 突然大雨が降ってきた。

 その影響で、嗚海は東也の言葉のその先が聞き取れなかった。けれど、「何か」でかすんだ目と雨の中、東也が三崎を雨から守っているのを見て、その先の言葉を想像出来た。

―『付き合うよ』、か…

 嗚海の頬を涙がつたった。最初から雨で濡れていた顔だけど、涙だけは何か違った。頬をつたう事が、とても悲しいと感じた。嗚海は自分の頭の上でびしょびしょになっているベレー帽をとると、強く、強く抱き締めた。
 裏玄関からは校舎の中に戻れない。2人は表玄関まで戻った方が良いと考えたのか、嗚海がいる方に進んで来た。
 嗚海は泣いていたから、2人が自分の方に来る事に気が付かず、見つかってしまった。

 「嗚海…?」
 びくっとして嗚海が泣いていた顔を上げると、そこには、東也が自分のフードつきの上着を三崎にかけている光景が見えた。

 「お前何してんだよ、そんな所で、風邪ひくだろ?」
 「岬さん…もしかして……」
 「え?」

 嗚海はベレー帽を投げ捨てて掛け出した。見つかった事なんてどうでもいい。もう、終わったんだという事を知ったから。とても悲しくて、逃げ出した。

 「岬さん…」
 「どういう事だよ、なんで逃げるんだよ…。あいつがベレー帽投げ捨てるなんて…」
 「東也君、一番大切な事言った時…雨、ふってきたよね…?」
 「ああ。それが?」
 「岬さん…誤解したのかも…」
 「え…?」

 東也は目を見開くと、投げ捨てられて泥だらけになったベレー帽を拾って、嗚海が逃げて行った方に走って行った。

―嗚海…どうして最後まで聞かなかったんだよ…

 実は、東也は三崎の告白を断っていた。そう、あの雨が降った時。
 『友達にはなるよ』
 『え?』
 『俺さ、好きな奴いるから…。確かに三崎は美人だけど、つきあったりはできない。ごめん。』
 『もしかして…岬さん…?』
 『なッッなんでわかるんだよッッ―――』
 『だって、毎朝仲良くしてるじゃない』
 『あ、あれは仲良くというか…』
 『ケンカするほど仲がいいって言うじゃない?きっと岬さんも東也君の事好きよ』
 『そうかなあ…?』
 『絶対そうよ!ね!?自身持って!』
 『あ、ありがとう…。強いんだな、三崎は』
 『そんなんじゃないよ。わかってたもの。東也君が岬さんを好きな事。だから、覚悟はしてたの。』
 『そう、なんだ…。ごめんな』
 『ううん。いいの。それより…すごい雨ね』
 『ああ』
 『私、表玄関に傘があるから走ってとってくるわね。東也君も傘あるなら、持ってくるけど…』
 『え、いいよ。俺も傘あるけど、一緒に戻ろう。俺等、友達だろ?』
 『…うん』
 『それにしてもおんまえ薄着だなあ・・・』
 『えええ?このくらい普通よお。』
 『モデルはこのくらいの温度差乗り切らないとやってけねえのか…』
 『そんなんじゃないって…』
 『これ着ろよ』
 『え?いいわよ』
 『いいってば。着ろよ。モデルが風邪ひいちゃ駄目だろ?』
 『ありがとう』
 こんな会話の中、東也は隠れていた嗚海を見つけた。
 東也が走り回って嗚海を探している中、嗚海は、一つの大きな樹の下で雨をしのいでいた。

―あー…。なんか息荒くなった来たなあ…。今日死ぬかもしれないんだもんね。結局…言いたかった事全部…言えなかったなあ…。あーあ。もう…早く死にたい...

 そしてしばらく時間が経つと、東也が樹の下の嗚海を見つけた。

 「あっ嗚海!え…?」

 パタッ…

 嗚海が倒れた。

 「嗚海…?嗚海!!!どうしたんだよおい!嗚海!」
 「東也君?どうした…あっっ!岬さん!?」
 「な…なんで倒れるんだよ・・・おい…」

 手を触ると、冷たいのがわかった。

 「嗚海はね、病気だったの」
 「え?」

 そういったのは、嗚海の母親だった。嗚海のお母さんは、嗚海がいなくなった後、必死に嗚海を探していたのだ。そして、最後に行きついたのが、学校だった。

 「どういう、事ですか…?」
 「貴方が、東也君?」
 「はい」
 「貴方は?」
 「三崎です。嗚海ちゃんと同じクラスで、同じ名前の。」
 「ああ、貴方が三崎さん…」
 「それより、嗚海が病気って、どういう…」
 「今日診断が出てね。今日死ぬか、明日死ぬか、わからない病気にかかった事がわかったの。もって1年。それ以内に死ぬ病気…。手術をして治った子や、一年間病院にいて死んだ子とか、いっぱいいたわ。嗚海はね、診断が出て1時間弱だった。それだけよ」

 嗚海のお母さんはとても苦しそうに、それだけ2人に話した。

 「それって、もう嗚海ちゃんは…」
 「…………ええ。死んだわ」
 「そんな…嗚海…嗚海…」
 「東也君…」

 ザアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・










 次の日は、とてもいい快晴の日だった。クラスの皆はいつもと変わらず、嗚海、東也、三崎の3人が休んだだけだった。2人は、嗚海の葬式に行った。
 嗚海の大切なベレー帽は嗚海と一緒に燃やすはずだったが、嗚海の母親が「東也君が持ってて。そして、大事にしてあげて。」と言ったので、東也が大切に持つ事にした。

 「なあ、三崎」
 「なあに?」
 「嗚海、元気だよな?あっちでも泣いてたりしないよなあ?」
 「私は、信じてるわよ。東也君が信じてれば、岬さんも元気だと思うよ」
 「そっか…じゃあ…信じてみるか…」

 ベレー帽のヒロイン。ずっとずっと、いつまでも。


~終わり~