ネギ

読んで字の如く、野菜の葱のこと。
食べて良し、武器として振り回しても良しの便利な野菜。
ちなみに武器として使う場合は「首領パッチソード」と呼ばれる。


フィンランドのフォークバンド「Loituma」の曲“Ievan Polkka”の音楽に合わせて、
アニメ「BLEACH」のヒロインである井上織姫がネギをくるくる回すフラッシュが元ネタである。

そして「Loituma」はそのまま曲を表す意味の「ロイツマ」として広まり、
そこから様々なキャラクターがネギを回すフラッシュが派生したとされている。

ニコニコでも様々な動画が作られ、主に2つのパターンで広がっていった。

ニコニコ動画(RC)当時、ロイツマ自体の知名度はそこそこであったが、
「ロイツマ+ネギ」という組み合わせの知名度はそれほど高くなかった。
事実、RC以前のロイツマ系動画は「ネギを使わず、同じ動きだけを繰り返す」ものが多く、
ネギ自体がキャラクターと合わせて使われることはあまりなかったのである。

そんな中、2007年9月4日に一連のロイツマ動画の派生系として
“VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた”の動画が投稿される。
これをきっかけに、ロイツマ自体を知らなかったユーザーを含め、
ネギそのものの存在が一気に浸透した。ミクのシンボルカラーである薄緑色に合っていた事もあり良く馴染んでいる。
このため今でも「ネギ=はじめから初音ミクのオプション品だった」と思っているユーザーは多いのではないだろうか。

またロイツマ動画に出演したデフォルメキャラ「はちゅねミク」も広まり、
現在はネギ好きとはちゅねミクのどちらも公認設定となっており、公式に発売されたフィギアにも手にもたせることが出来る。
これと関連して、「じゃあリンとレンはどうする?」という話題になったのだが……

  • 患部で止まってすぐ溶ける ~ 狂気の優曇華院
今ではネギと言えば初音ミクのイメージが強いが、
ネギ回しで有名な動画と言えばこの動画も含まれるだろう。
ロイツマを知らない多くのユーザーに、
「ネギは回すもの」というイメージを定着させた立役者である。

しかし曲自体がロイツマではなかったため、
「ネギ=ロイツマ」のイメージを定着させるまでには至らなかった。
「ネギと言えば初音ミク」と思っている人が多いのも、ここに起因しているからかもしれない。

ちなみに何故首領パッチソードと呼ばれるかというと
ジャンプで昔連載していた『ボボボーボ・ボーボボ』という作品で
首領パッチというキャラクターが武器として使っていたネギをそう呼んでいたため。
その他に魔剣大根ブレードというものもあり、こちらは主にところ天の助が使用する。
この二つの剣をパッチボボが融合すると聖魔支配剣さとうきびセイバーになる。


ニコニコRPGでは、初音ミクの技「初音のロイツマ」「ネギ踊り」使用時と、
4話のボス永琳の攻撃時にネギが登場する。
もっとも、「狂気の優曇華院」でネギを回していたのは永琳ではなく
「ヤゴコロ先生」という派生キャラ(というか別モノ)であるが。
しかしキャラ設定的に永琳の得意武器とされてる弓矢の攻撃より高ダメージってどうなのよ。

  • 関連動画




YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY ←ネギ畑
YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


                  __   _厂::}
              「:::7{ /:::::::/
                   |:::::У::::.:/
              |:::::′.:::/
              !::::::.::::/
                  l: : : : :′
              !    |
                !    l
                  |    |
             |   !
              l   l
              i    |
              !    !
              l   i
             |   |
                  |     !
                i     l
              i     |
                  l    !
              i   |
              ヘ   i
                `=-'