デュエリスト

遊☆戯☆王から。
本来の意味は「決闘者」(DUELIST)。
この作品に登場するカードゲームの対戦のことを「デュエル」といい、
対戦者同士をデュエリストと呼ぶ。要するにカードゲーマー。
腕にデュエルディスクをつけている。
ニコニコRPGではPC側が武藤 遊戯海馬 瀬人
敵キャラではインセクター羽蛾とザコ敵のデュエリストがこれに当たる。

雑魚デュエリストにはAとBがいるが、どちらもHPが4000と非常に多い。
これは最終盤・虹の道の敵にも比肩する数値である。
また、彼らが召喚した雑魚モンスターを倒すと、そのHP分のダメージが召喚者に与えられるという
特殊ルールで戦う事になる。(インセクター羽蛾戦でも同様)
Bはこちらを行動不能にする六芒星の呪縛と支配するブレインコントロールを使用するため、実力はAの比ではない。

なお、元々は『マジック:ザ・ギャザリング』という米国製トレーディングカードゲームの用語である。
マジックが現在この用語を廃止し「ゲーム」と言い換えているのは遊戯王が広まったからだとの俗説があるが、
当該ルール改正は99年夏なので多分関係ない。
マジックは情緒的な用語を事務的な用語に置き換える傾向があるのでその一環であろう。

ステータス

MHP MMP 攻撃力 防御力 精神力 敏捷性 経験値 所持金
4000 3 10 10 10 250 2000 1800
オワタ、毒、暗闇、沈黙、暴走、混乱、睡眠、麻痺、よろめき、驚き、魅了、支配、爆笑、封印、
中毒、減衰、劣化、釣られ中、凍結、大量出血、エロ、行動不能無効

属性有効度(ここに表記してないものは100%。ただし♂♀は0%)

カード:0%