超覇王至高拳

覇王翔吼拳(タクマ・サカザキ及びその変装であるMr.カラテの場合、技名が覇王至高拳に変化)
を3連発するという極限流空手の奥義の一つ。
ただでさえ威力の高い覇王翔吼拳を3連発するのだから その破壊力は凄まじいと言わざるを得ない!

起源は「龍虎の拳2」での企画案で、タクマの龍虎乱舞の締めを覇王至高拳3連発にしよう、
「拡散覇王翔吼拳」という技で連発させよう、等のアイデアが元。
この3連発が初採用されたのは「KOF98」であり、タクマがMAX版龍虎乱舞を決めた際、
止めに覇王至高拳を3発続けて放っている。

単体技としての超覇王至高拳は『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』で
Mr.カラテ」のEXCEED技(ある条件下において1度の対戦で1回だけ使える技)として使用できる。
なお、ボスキャラクター版である「本気になったMr.カラテ」はこれを 通常の必殺技 として使用できる。

なぜタクマは覇王「至高拳」なのかと言うと、開発者曰く「創始者なので差別化したかったから」との事。