最終結果

この項目にはエンディングのネタバレが含まれています。
エンディングの後、最終結果として点数が表示される。
点数の計算式は以下の通り。
  • 持ち点:1000点
  • 減点:平均レベル×2、戦闘回数、逃走回数、セーブ回数、回復ゾーン使用回数
  • 加算:宝箱開放数(最大200点)、難易度ボーナス(0 or 50点)
1000点を持ち点とし減点対象を差し引き、加点対象を加えたポイントが最終得点となる。
ここで 750点 及び 1000点 を越えていると、それぞれに対応したおまけメッセージを見る事ができる。
点数を上げるための方法は、1000点超えの戦略にまとめた。

ちなみに最終話の動画では「1000-平均レベル-セーブ-戦闘回数-逃走回数」となっていた。

+以降にはエンディングのネタバレが含まれています。大事なことなので2回言いました。
ちなみに出るのはメッセージのみで、この点数を越えているから隠しステージに行けるといった特典は
これといって無い。

それぞれの点数に対応したメッセージは以下の通り。

  • 750点以上→ えらいっ
  • 1000点以上→ こんな げーむに まじに なっちゃって どうするの

上記2種のクリアメッセージはいずれもファミコンゲーム「たけしの挑戦状」からのネタである。

たけしの挑戦状

1986年に発売された、ビートたけし監修のファミコン用ゲーム。

当時ファミコンに夢中になっていたたけし氏が「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図の下
本人が積極的に製作に参加し、当時としては数々の斬新な内容が盛り込まれた。
しかし、
  • ゲームオーバー画面が葬式
  • 地図を手に入れるためには紙を日光に当てて リアルタイムで1時間 待たなくてはならない(5分で済ます方法もあるが、その場合5分待たないでボタンを押す、もしくは10分以上待つと地図が朽ちて詰む)
  • ファミコンのⅡコントローラのマイクで実際にカラオケを歌わなくてはいけない
  • パチンコ屋で持ち玉が無くなった後にⅡコンのマイクでいちゃもんをつけるとヤクザが出てくる
  • 条件を満たさずに飛行機に乗ると謎の空中爆発をとげゲームオーバー
  • 地図をくれるおやじを地図入手後に倒さないと、クリア寸前に宝を横取りされゲームオーバー(詰みなので地図入手からやり直し)
  • 町の人を殴ると通報されて警官が襲ってくる
  • コンティニューのパスワード入力時には「こんてにゅうや」に行くのだが、その店主のおやじを殴ることができ、殴ると返り討ちに合いゲームオーバー
など、重要な面から細かい面まで不条理だらけのゲーム内容がプレイヤーを大いに混乱させ、
雑誌「ファミコン通信」の行ったクソゲーランキングで1位にランクインされるなど「クソゲー」の代表格とされる。

その一方でインパクトも相当なものであり、レトロゲーというカテゴリにおいては
「スーパーマリオブラザーズ」と並ぶ伝説のゲームとも称されている。

上記のメッセージは同作のエンディングメッセージが元ネタで、
苦労してようやくクリアすると、画面が暗転してビートたけしの顔と「完」の文字だけが表示されて
「えらいっ」と一言だけ言われる。
その状態で5分間放置すると、
「こんな げーむに まじに なっちゃって どうするの」と言われ、
本編同様に不条理なエンディングとなっている。

関連動画